現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > ルノー・メガーヌR.S.カップに試乗 標準車との違いは? サーキットで検証

ここから本文です
ニューモデル 2019.3.8

ルノー・メガーヌR.S.カップに試乗 標準車との違いは? サーキットで検証

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もくじ

ー 現時点で「最高レベルに硬派」
ー サーキットでわかった違い
ー 4コントロール(=四輪操舵)
ー ほしいなら即座にディーラーへ
ー ルノー・メガーヌR.S.カップのスペック

    ルノー・メガーヌR.S.カップ 試乗風景を画像でみる

現時点で「最高レベルに硬派」

昨年発売された現行メガーヌ・ルノースポール(R.S.)で、日本のカタログモデルとしてラインナップされているのが、本国でいう「シャシースポール」が組み込まれた7速DCT仕様である。

このクルマのシャシースポールもこれまでのR.S.各車と同様、2種あるシャシーチューンのうちの柔らかいほうにあたる。

対して、ここの主題である「メガーヌR.S.カップ」は車名どおり、よりハードなシャシーカップを装着する。

シャシースポールに対するシャシーカップの具体的な差異点としては、コイルが前で23%、後で35%、そしてフロントスタビライザーで7%と、それぞれ硬くされたバネ系と前後とも25%ずつ引き締められたダンパー減衰力がある。

さらにバンプストップ領域に作動するHCCのストロークを10%延長……ということは、より早い段階からストッパーに当てて最後の踏ん張りを利かせることをねらった調律と推察できる。

また、このシャシーカップにはブレーキLSDの一種であるR.S.デフではなく、より本格的なトルセンLSD、そして赤く塗られたブレーキキャリパーも備わっているのだが、欧州ではこれらを含めて「シャシーカップ」というパッケージオプションとして供給する。

日本仕様では、それを現行メガーヌR.S.では初となる6MTと組み合わせて、100台の限定車として販売することになった。また、この限定車に標準装備される19インチタイヤやバイマテリアルフロントブレーキ(標準比で片側1.8kgずつ軽い)も本来はオプションあつかいの部品である。

メガーヌR.S.にはさらに過激なトロフィーも控えているが、今回のカップは、現時点で入手可能なメガーヌR.S.としては、ほぼ最高レベルに硬派=エンスージァスティックな仕様といえそうだ。

サーキットでわかった違い

今回の取材はルノージャポン主催の「ワークショップ」と銘打ったメディア向けイベントにおけるもので、ファンにはすっかりお馴染みのフィリップ・メリメ(チーフエンジニア)とロラン・ウルゴン(テストドライバー)を招いて、千葉県の袖ヶ浦フォレストレースウェイで開催された。

その内容には両氏による講義と質疑応答、そして両氏のドライブによる同乗走行も含まれており、自分でステアリングを握っての純粋な試乗は、袖ヶ浦のクローズドサーキットにおける数ラップにかぎられたことを、まずはお伝えしておく。

引き締められたフットワークの効能はサーキット走行だけでも如実にわかる。以前シャシースポールでも同じコースを走ったことがあるが、明らかにレスポンスが鋭く、そしてボディの挙動は小さくなっている。

まあ、カップを公道試乗したAUTOCAR英国版は「乗り心地は確実に硬い」と評しており、それについては、サーキット数周しかしなかった今回だけはなんともいいがたい。

ただ、少なくとも袖ヶ浦ではアシがスムーズに動いており、その乗り心地は「絶対的には硬いけれど、好事家には不快ではない」タイプと思われた。

4コントロール(=四輪操舵)

R.S.といえばFFながらもテールスライドのコントロール性を売りしており、歴代のどんなモデルでも、タックインを誘えば基本的に最初からスムーズにお尻を回り込ませることができた。

しかし、4コントロール(=四輪操舵)をもつこのクルマはその領域でちょっとクセがあり、わずか数周ではそれを駆使するところまではとても到達できなかった。

今回のドライ路面のサーキットに最も適したレースモードでは100km/h(スポーツモード以下では60km/h)を境に同位相と逆位相が切り替わるので、「クルマをどの速度域に入れておけばオーバーステアを誘発しやすくなるかなど、4コントロール特有の制御やクセを把握しておく必要があります」とウルゴン。実際、逆位相のほうが明確にテールは滑りやすくなる。

R.S.以外も含めて4代目メガーヌでは日本初となる6MTはハードウェアは先代のものと同じという。

ただ、クラッチやレバーの操作感は良くも悪くも軽くなった。この場合の「良くも」とは操作時の肉体的負担が減じたことだが、今どきあえてMTを選ぶ好事家的な目線で見ると、以前のようなゴクッという節度と重みがあったほうが心地よい。

ほしいなら即座にディーラーへ

今回のメガーヌR.S.カップは前記のとおり100台限定で、正式な発売も3月22日ということになっているが、実際には全国ディーラーで予約注目を受け付けているようで「実質的にはすでにほぼ完売!?」とのウワサもある。

いずれにしても、ほしいなら即座にディーラーに問い合わせるべきだ。

もっとも、カップそのものは日本では限定でも本国では基本的にカタログモデルだから、それほど人気なら「おかわり企画」もあるだろうし、今後はよりハイパワー(だけどシャシー方面は今回のカップとほぼ同仕様)のトロフィーも控えている。

今回の試乗でシャシーカップの実力を正確に把握することはできなかったが、標準のスポールでも高度なシャシー性能に対してエンジンは性能と官能性ともども物足りなかったのも事実で、じっくり乗ろうと考えてる向きは、焦りすぎる必要はない。

ルノー・メガーヌR.S.カップのスペック

■価格 450万円
■全長×全幅×全高 4410×1875×1435mm
■最高速度 –
■0-100km/h加速 –
■燃費 12.6km/ℓ
■CO2排出量 –
■乾燥重量 1460kg
■パワートレイン 直列4気筒1798ccターボ
■使用燃料 ガソリン
■最高出力 279ps/6000rpm
■最大トルク 39.8kg-m/2400rpm
■ギアボックス 6速マニュアル

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 宇田健一郎)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します