現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > モーガン 19年ぶりの新型車 新開発アルミシャシー採用 ジュネーブ

ここから本文です
ニューモデル 2019.3.6

モーガン 19年ぶりの新型車 新開発アルミシャシー採用 ジュネーブ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もくじ

ー BMWの直6ターボとZFのパドルシフト8段AT
ー 伝統のウッドフレームは健在

    モーガン・プラスシックス すべての画像をみる

BMWの直6ターボとZFのパドルシフト8段AT

エアロ8以来、19年ぶりとなるモーガンの完全新設計モデル、プラスシックスは、BMWの最新直6ターボガソリンであるB58系の340ps仕様と、ZFのパドルシフト付き8段ATを搭載。自社設計の新型サスペンションは独立懸架で、フロントがダブルウィッシュボーン、リアが5リンクとなる。

このニューモデル、とびきり軽量だ。装備の充実や衝撃吸収構造を備えながら、V8を積んで1075kgだった既存のプラス8と、車重がほぼ変わらない。これによりプラスシックスは、史上最速の量産モーガンとなり、最高速は270km/hクラスに届くこととなりそうだ。にも関わらず、CO2排出量は170g/kmと低く抑えられる。

モーガンは新型シャシーをCXと名付けたが、これはローマ数字で110を意味しており、自社の110周年にちなむ呼称だ。エアロ8や復活版プラス8と同じくアルミ接着工法を用いるが、前後により凝った設計の衝撃吸収構造や、単なるボルトオンというよりシャシーとの統合度を高め、剛性向上と重量削減を両立したサスペンションマウントが導入された。

伝統のウッドフレームは健在

新たなCXシャシーは、コクピットの前後長を20cm程度延ばしており、大柄なドライバーにも窮屈な思いをさせない。また、ドアも大きくなり、さらには使えるラゲッジスペースが残された。全長と全幅はほぼプラス8と同じだが、ホイールベースは18mm長い。モーガンの伝統に則り、ボディのサポートは英国産のトネリコを用いたウッドフレームを用いる。

これまた因襲で、電子制御のドライバーエイドはABSのみだが、モーガンでは今後その他のデバイスの導入を検討しているという。コクピットは昔ながらのデザインで、丸い速度計と回転計を別個にダッシュボードのセンターへ配置。しかしながら、ドライバーの前には、設定を変えられるTFT液晶ディスプレイが据えられる。

カラーや素材の選択肢が幅広いのも、モーガンでは通例だ。この春の発売に向け、生産が始まったばかり。週6台ペースで、年内に200台がロールアウトする計画だ。最初の50台は発売記念モデルのフル装備仕様で、価格は8万9995ポンド(約1350万円)。通常モデルは、それ以降にリリースされる。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します