現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > VWパサート・ヴァリアント Rライン・エディション 新色/2000台限定 欧州

ここから本文です
ニューモデル 2019.3.4

VWパサート・ヴァリアント Rライン・エディション 新色/2000台限定 欧州

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もくじ

ー エンジンはディーゼルとガソリンから選択可能
ー 価格は450万円前後からになる見込み

    パサート・ヴァリアント Rライン・エディション すべての画像をみる

エンジンはディーゼルとガソリンから選択可能

フォルクスワーゲンが、フェイスリフトを受けたばかりのパサート・ヴァリアントに、スポーティな雰囲気を加えた特別仕様車を発表した。

来週のジュネーブ・モーターショーに展示されるパサート・ヴァリアントRライン・エディションは、2000台の限定販売となる予定だ。

エンジンは240psの2.0ℓTDIディーゼルまたは270psの2.0ℓTSIガソリンから選択可能。いずれも四輪駆動システムの4モーション、7速DSGデュアルクラッチ式オートマティック・ギアボックス、アダプティブ・ダンパーを備えるダイナミック・シャシー・コントロール(DCC)が標準となる。

アウディA4アヴァントやボルボV60のライバルであるパサート・ヴァリアントで、このRライン・エディションだけは電子制御スタビリティ・コントロールを解除できる。フォルクスワーゲンによれば「サーキット走行用」とのこと。

スポーティなこの特別仕様車は、新色ムーンストーン・グレーのボディカラーや、各部がハイグロスブラック仕上げとなることで、標準モデルやビジネス、エレガンスなど他の仕様と差異化される。ルーフ、ルーフレール、ルーフエッジスポイラー、ドアミラーハウジング、サイドウインドウフレーム、リアディフューザー、そしてプレトリアと名付けられた19インチのアロイホイールが、光沢のあるブラックで塗装されている。加えてLEDテールライトにはスモーク加工が施される。

価格は450万円前後からになる見込み

インテリアも同様にブラックで統一。ナッパレザーと「カーボン」レザーが張られたRライン・スポーツシート、マルチカラーのアンビエントライト、ブラッシュ仕上げされたステンレス製のペダルとドアシルを装備する。

12.3インチのデジタルコクピット・ディスプレイや、パサート・ヴァリアントに用意されているものでは大きい方(9.2インチ)のインフォテイメント・システムも標準装備となる。360度パーキングカメラも搭載し、アップルのCarPlayを介してiPhoneと無線で接続できる。

アップグレードされたフォルクスワーゲン最新のトラベルアシストも搭載されている。この半自動運転機能は、フロントのカメラ、自動緊急ブレーキ、パークアシスト、レーンキーピングアシスト、アダプティブコントロールを組み合わせることで、210km/h以下の速度でアクセル、ブレーキ、ステアリングを自動制御する。ただし、ドライバーが一定時間以上ステアリングから手を離すことがないうようにチェックする機能が備わっている。

Rライン・エディションにはLEDマトリックス・ヘッドライトも標準装備される。

英国では5月に受注が開始される予定。価格はまだ発表されていないが、3万ポンド(約450万円)前後からになる見込みだ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します