現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > ジャガーXE マイナーチェンジでどこが変わった? デザイナーQ&A

ここから本文です
ニューモデル 2019.3.4

ジャガーXE マイナーチェンジでどこが変わった? デザイナーQ&A

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もくじ

ー 主張を強めたエクステリア
ー テクノロジーと素材が進化したインテリア

    マイナーチェンジしたジャガーXE すべての画像をみる

主張を強めたエクステリア

刷新したスタイリング、新しい素材とテクノロジーを採用してアップグレードしたインテリア。

ドイツ製のライバルによって奪われた陣地を取り返そうと、ジャガーはXEを生き返らせた。

その可能性を探るため、われわれは同社のデザインを統括する人物、イアン・カラムに話を聞いた。

――新しいジャガーXEを特別なものにしているものはなんでしょうか?

「それは全体のパッケージであるとわれわれは考えています。進歩的なデザイン、革新的なテクノロジー、優れたドライビング・ダイナミクス。わたしとチームは既にXEのことを熟知しています」

「そんなクルマを改良することに対し、われわれはとても大きな喜びを感じていました。われわれはこのクルマと共に生き、そのキャラクターを理解しています。そして今回、それをさらに優れたものにすることができました」

――なぜ、既に見た目の良いクルマに、さらなる存在感を与える必要があったのですか?

「われわれはXEがとても美しいクルマだと思っています。それは市場を見ても、ひとびとの声に耳を傾けても、疑問の余地がありません。均整が取れているという点において、既にXEはクラスで最良のクルマだと思っています」

「しかし、顧客や当社のマーケティング担当者からのフィードバック、さらにわれわれ自身が感じた印象によっても、このクルマの自己主張を強める必要性が明らかになったのです」

テクノロジーと素材が進化したインテリア

――最も大きな改良は何だと思いますか?

「わたしの意見では新しいインテリアのデザインだと思います。われわれはおそらく、最初のモデルにはそれに見合ったインテリアを与えることができませんでした。素材の質感がやや不足していたことは否めません」

「そして今回、より優れたテクノロジーと素材が用意できました。それらの技術は常に進歩しています。われわれはこれに多大な費用を投じました。計画の規模を考えればかなりの額です。そしてその成果に満足しています」

――新型ではヘッドライトも薄くなりました。これも新しいテクノロジーによるものですね?

「そうです。新しいマトリックス型を採用しました。これは対向車や前走車に合わせて下げる必要がありません。今回、われわれはすべてLEDに移行しました。『電球』と呼ばれるテクノロジーから離れて……」

――ジャガーにとってサルーンを作り続けることは大事だと思いますか?

「もちろんです。われわれは皆そう思っています。サルーンにはSUVでは得られない運転の喜びと燃費効率があります。しかも、とてもジャガーらしいクオリティのね」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します