現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > ポルシェ・マカン、EVのみに 内燃機関は廃止 3月ジュネーブ発表の噂も

ここから本文です
ニューモデル 2019.2.27

ポルシェ・マカン、EVのみに 内燃機関は廃止 3月ジュネーブ発表の噂も

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もくじ

ー 次期マカン、EVのみに
ー アウディQ5にも大きな影響?

    社会人1年目、ポルシェを買う。

次期マカン、EVのみに

次期ポルシェ・マカンは内燃機関をもたず、EVのみとなることが公式に発表された。

「ポルシェの監査役会は、マカンを完全なEVにすることに決めました」というのがポルシェのアナウンスである。

発表は2021年で、ポルシェとしては3番目のEVとなる。AUTOCARの読者ならばご存知のかたも多いだろうが、タイカンとタイカン・スポーツ・ツーリズモに続く、というわけだ。

ドライブラインについてはまだ何も明かされていないが、ツイン・モーターかつ四輪駆動となることが有力視される。タイカンの1つ上の立ち位置になるはずだ。

モデルレンジは現行と同じく数種類用意される。またグレードにあわせて出力にもバリエーションをもたせることになるだろう。

ポルシェのチェアマンであるオリバー・ブルーメは、「ポルシェと電動化は、まさしくパーフェクトな組み合わせです。たんに経済性を追い求めているだけではありません。特にスポーティネスに寄与しているのです」と語っている。

アウディQ5にも大きな影響?

EVとなる新型マカンは、今後2年にわたって開発が進められる。

PPE(プレミアム・プラットフォーム・エレクトリック)とよばれるプラットフォームを用いる初のモデルとなることもポイント。PPEは、ポルシェと、同じVWグループの会社であるアウディによって共同開発されたものである。

PPEはまた、背の低いモデルと高いモデルの両方に対応する点が特徴で、ホイールベースや車体トレッドも自在に変更できる。

マカンがEVのみになるという事実は、アウディにも多大なる影響をおよぼすに違いない。たとえば、類似するアンダーピニングを使用する3代目Q5もEVのみになる可能性が高い。

新マカンのコンセプトは今年にも発表される可能性があり、来週のジュネーブ・モーターショー2019に披露されるという噂も。

生産はポルシェの既存ラインを使用すると考えられている。ちなみにタイカン/タイカン・スポーツツーリズモはツフェンハウゼン工場の専用ラインにて生産される。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します