現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > ブリヂストンの新タイヤ「レグノGR-X II」 14~17インチ発売 ラックスブラックも

ここから本文です
ニューモデル 2019.2.25

ブリヂストンの新タイヤ「レグノGR-X II」 14~17インチ発売 ラックスブラックも

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

レグノGR-X II、静粛性を向上 2つの技術

“手のひら1枚分に込められた技術が、圧倒的なパフォーマンスをうみだす。「REGNO FEELING」”、を新キーメッセージとして発表されたニュータイヤ「レグノGR-XII」。直進安定・快適・静粛・低燃費・耐摩耗・ウェット・ドライ性能を高次元に達成するというグレードバランスをさらに高めた上で、摩耗時の静粛性を性能軸に加え、次のステージに進化させたモデルとなっている。

    『ブリヂストン・レグノGR-X II』すべての画像をみる

「レグノGR-X II」では、GR-X Iから採用された有機繊維に防弾チョッキに使用されるアラミド繊維を織り込むことで強固なものとし、高速走行時にタイヤが膨らむのを防ぐノイズ吸収シートIIを引き続き採用。中低周波ロードノイズを抑制している。

縦溝で発生した空気の振動の一部を横方向の溝を通し真ん中に設けた気室と呼ばれる空洞で解放。圧力と速度を落とすことで、音のエネルギーを減衰するという、マフラーにも使用される消音機の原理を採用したダブルブランチ型消音器。その形状を最適化した。これにより、高周波パタンノイズがさらに抑制されている。

溝の中にもう1つの溝を作ることにより、タイヤのトレッド面が減っても新たに形状が最適化されたダブルブランチ型消音器が現れるというシークレットグループ。これによって、摩耗時においても静粛性が向上された。消音器形状の最適化と本技術の採用により、騒音エネルギーを新品時で5%、60%摩耗した状態で17%も低減させている。

乗り心地については、タイヤの接地面の形状を最適化することで、振動エネルギーをGR-X Iに対して5%軽減。非対称の形状とパタンを採用することで、ふらつきを抑制し操縦安定性を確保した。さらに、大変形・高周波の条件下のみ粘着性を発揮するポリマーを開発・採用。骨格のポリマーを低燃費性能に特化させたことにより、グリップ性能は変わぬまま、GR-X Iに対して14%の燃費向上が図られている。

全68サイズをラインナップ 新CMは3月~

また「レグノGR-X II」は、最先端の加工技術による微細構造を採用し、REGNOの文字がより黒くみえ、デザイン的にも従来にはないコンセプト「ラックスブラック」が採用されている。

2月1日から順次販売が開始される「レグノGR-X II」。サイズは14~17インチの全68サイズ。価格は1万4472円~4万4928円。REGNOの文字がより黒くみえる「ラックスブラック」は、16インチ以上の一部サイズのみ採用となっている。

ブリヂストンが2015年から展開している、“ちゃんと買い” のプロモーション。これを発展させ「100人のちゃんと買い」、“100人がタイヤを選べば、その理由はきっと100種類あるはず” をキーメッセージとして、2019年から新たなプロモーションが展開される。

一般人から有名人まで様々な層がそれぞれの “ちゃんと買い” を発信するプロモーションのCMには、新たに俳優の竹野内豊さんと杏さんを起用。発表会当日には、このお二人も登壇し、CM撮影時のエピソードや、それぞれの “ちゃんと買い” をテーマとしたトークショーが行われた。このCMは3月から放映されるという。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • ko2*****|2019/02/25 07:19

    違反報告

    GRVⅡを3シーズン使ったけど、確かにもうストレートグルーブしか残っていない。もはや単なる硬いタイヤじゃん・・・と思って、今シーズンはスポンジ入りタイヤにしようかと思っていた。
    また悩むのかあ。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します