現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 新型プジョー208、画像がリーク 前/後ろ/内装 ジュネーブショー

ここから本文です
ニューモデル 2019.2.23

新型プジョー208、画像がリーク 前/後ろ/内装 ジュネーブショー

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

CMPプラットフォーム採用

発表目前と考えられるプジョー208新型。その公式画像が、オンライン上にリークした。新型のフロント、リア、そして内装の様子がはっきりと確認できる。

    『新型プジョー208』すべての画像をみる

新しい208は、508、3008のデザイン要素を受け継いでいるほか、旗のような意匠のLEDデイタイム・ランニングライトが目を引く。また、リアセクションの丸みを帯びた造形は、プジョーのSUVモデルとの関連性を感じさせる。

新型は、PSAグループのCMP(コモン・モジュラー・プラットフォーム)を、DS3クロスバックに続いて2番目に採用。室内空間やパッケージングは新水準を実現するという。

ガソリン・ターボ、(欧州で販売は下り坂だが)ディーゼル仕様にも本プラットフォームは対応。さらにはe-CMPと呼ばれるエレクトリック・バージョンにも適応する。

インテリアの画像も見てみよう。

内装 3008の世界観

新型プジョー208のインテリアは、よりも大きなクラスのモデルから引き継いだ意匠を与えられている。大型セントラル・タッチスクリーン、ピアノの鍵盤のように並んだスイッチ類を採用。メーターもデジタル・ディスプレイとなっているようだ。

3008と同じ方向性の車内には、インフォテインメント・システム、コネクティビティ機能が強化され、運転支援技術も与えられる。小型車のマーケットでは初となる部分自動運転も搭載すると考えらる。

新プラットフォームのおかげで、注目のエレクトリック208は、内燃仕様と比べて最低限の変更を要するのみだ。バッテリーパックを搭載してもキャビンスペースを余分に失うことはないという。詳細は明らかになっていないが、航続可能距離300kmを実現すると約束されている。

ルノー・クリオと市場を争う新型プジョー208は、3月のジュネーブ・モーターショーに姿を現す見込みだ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します