現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 4ドア/リフトバックのBMW 2シリーズ「グランクーペ」 寒冷地でテスト中

ここから本文です
ニューモデル 2019.2.22

4ドア/リフトバックのBMW 2シリーズ「グランクーペ」 寒冷地でテスト中

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もくじ

ー 4ドアとなったBMW 2シリーズ
ー 同セグメントでは稀少な後輪駆動が特徴

    BMW M2グランクーペ、2019年後半登場 最高出力/サイズ予想 PHEVも?

4ドアとなったBMW 2シリーズ

今年後半に発表予定のBMW 2シリーズ・グランクーペが、寒冷地でテストしている様子を撮影した写真が届いた。

ボディにカモフラージュを施した姿で写っている2シリーズ・グランクーペは、2シリーズ・クーペをベースにした4ドアのリフトバック・バージョンだ。

クーペと比べるとルーフ後方がより高く、後部座席用ドアが追加されている。

近づいて撮影した写真を見ると、リアのリップスポイラーと大きなブレーキが確認できるので、このクルマはおそらくMスポーツ仕様だと思われる。

これらの写真に写っているクルマは、以前もっと暖かい気候でテストしていたところを撮影された車両とよく似ている。発表に向け、開発は最終段階に近づいているのだろう。

同セグメントでは稀少な後輪駆動が特徴

2シリーズ・グランクーペのラインナップで、頂点に位置するのが370psのM仕様だ。市場ではアウディRS3セダンやメルセデス-AMG CLA45と競合することになる。

このM2グランクーペは、M2クーペから縦置きエンジンと後輪駆動を受け継ぐ。横置きエンジンの四輪駆動を採用するライバルたちと差異化できる独自の特徴となるに違いない。

BMWがこのフォーマットを採用する意図は、新しいM2グランクーペをアウディやメルセデスの競合車よりも、運転するのが魅力的なクルマにするためである。

既にM2クーペはこれによって多くのエンスージァスト・ドライバーを惹き付け、大ヒットとなっている。同社は多くのモデルに採用している後輪駆動プラットフォームを使って、さらなるモデルを将来的なラインナップに追加する余地が十分にあると考えている。そこで2シリーズ・グランクーペを投入するというわけだ。

2枚の一般的な前ヒンジの後部ドアと、十分に広い後部座席の足元スペースを設けるため、2シリーズ・グランクーペのホイールベースは、そのベースとなった2シリーズ・クーペの2690mmと、3シリーズ・セダンの2810mmの中間となることに決まった。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します