現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > アルファロメオ初のディーゼルモデル登場 ステルヴィオは廉価な価格を実現

ここから本文です
ニューモデル 2019.2.27

アルファロメオ初のディーゼルモデル登場 ステルヴィオは廉価な価格を実現

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

FCAジャパンは2月18日、アルファロメオのミドルサイズSUV「ステルヴィオ」とスポーツセダン「ジュリア」に、初のディーゼルエンジンモデル「ステルヴィオ 2.2 TURBO DIESEL Q4」および「ジュリア 2.2 TURBO DIESEL SUPER」を設定し、4月6日より販売する。

今回、両モデルに搭載されるのは新開発の2.2リッター直4コモンレールディーゼルターボユニット。アルミ製エンジンブロックや中空カムシャフトを使用する基本設計は共通となるが、それぞれの車両特性に応じてチューンがなされ、ステルヴィオは最高出力210ps/最大トルク470Nmを、ジュリアは最高出力190ps/最大トルク450Nmを発揮する。

    アルファロメオのステルヴィオ ディーゼルはガソリン車にない新鮮なスポーティさをもつSUV

いずれもガソリンユニットと見紛う高出力エンジンとなっており、0-100km/h加速に要するタイムはステルヴィオが6.6秒、ジュリアが7.2秒と生粋のスポーツカー並み。それでいて、最大トルクの発生回転数はどちらも1,750rpmと低回転で、ディーゼルならではの低速からの力強さを期待できるものとなっている。

もちろん、尿素SCRなどにより、厳格な日本のポスト新長期規制もクリアしており、実燃費に近いWLTCモード燃費はステルヴィオが16.0km/L、ジュリアは17.2km/Lと経済性の高さも備える。

駆動方式はステルヴィオがAWD、ジュリアがFRとなり、後輪へのエンジンパワー伝達には、両モデルとも軽量化に資するカーボンファイバー製プロペラシャフトを用いる。トランスミッションはシフトショックの低減が図られた8速ATだ。

注目の価格は、ステルヴィオ 2.2 TURBO DIESEL Q4が617万円、ジュリア 2.2 TURBO DIESEL SUPERが556万円(どちらも税込)で、同様の装備となるガソリングレードに比べ、それぞれ38万円安、13万円高となる。コストが嵩むディーゼル車は、ガソリン車に比べて数十万円単位で値上がりすることも多いが、特にステルヴィオの価格は日本市場への意気込みを感じさせる戦略的な設定といえるだろう。

アルファロメオらしいパワーデリバリーと魅力的な価格設定のディーゼルモデル導入で、ステルヴィオとジュリアの魅力がさらに高まったことは間違いない。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(carview! 編集部)

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します