現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 改良新型フォルクスワーゲン・パサート セダン/ワゴン発表 ジュネーブでお披露目

ここから本文です
ニューモデル 2019.2.7

改良新型フォルクスワーゲン・パサート セダン/ワゴン発表 ジュネーブでお披露目

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パサート改良新型 3月に実車公開

フォルクスワーゲンが、改良新型のパサートを発表した。セダン、ワゴンともに一般公開は3月のジュネーブ・モーターショーで行う。

    『改良新型フォルクスワーゲン・パサート』すべての画像をみる

1973年の登場以来、累計販売台数3000万台に迫るモデルとあって、変更は控えめだ。バンパーとライトの意匠が変わり、LEDライトが標準装備となった。また、ホイールのデザインが変わり、外装色の選択肢が増えている。

一番の注目点は、運転支援機能とコネクティビティのアップグレードである。フォルクスワーゲン・ブランドとして初の高速走行における部分自動運転機能を搭載。208km/hまでならクルマが自動で操舵を行う「トラベルアシスト」は、現行のトラフィック・ジャムアシスト(40km/hまで対応)から大きな進歩を遂げている。また合流やコーナー、制限速度に応じて走行するスマート・アダプティブ・クルーズ・コントロールと連動して機能することができる。

また、常時通信型の新型インフォテインメント・システム「MIB3」、デジタルメーターのオプション設定、アップルカープレイの搭載を行い、フォルクスワーゲンがスマートフォンをキーデバイスにしていることをうかがわせる。

予想されるパワートレインについてもレポートしておこう。


ガソリンは3種、ディーゼルは4種か

メカニカル面では、150psを発揮する1.5 TSIエボが、現行型に続きベース・パワートレインとなるだろう。これに190ps/272psを発揮する2.0 TSIターボも用意される見込み。これらのガソリン・ユニットすべてに、微粒子捕集フィルターが搭載される。

ディーゼルは、1.6 TDI(120ps)、2.0エボ(150ps)、2.0 TDI(190ps)、BiTDI(240ps)の4種類が販売される見込みだ。プラグイン・ハイブリッドのGTEは継続される予想で、バッテリー容量は9.9kWhから13.0kWhにアップグレードされるだろう。

欧州では、セダン/ワゴンが同時に発売される予想で、さらにオールトラックもあわせて登場するようだ。英国価格は、全グレードが1000ポンド(15万円)ほど値上がりすると思われる。欧州発売は6月になる見込みだ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します