現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > カマロのV8は直4よりもゆっくり走れる?〈シボレー・カマロ〉

ここから本文です
ニューモデル 2019.2.6

カマロのV8は直4よりもゆっくり走れる?〈シボレー・カマロ〉

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

恒例のJAIA(日本自動車輸入組合)試乗会が今年も神奈川県の大磯を舞台に開催された。日本で正規販売されている輸入車の多くが一堂に会する試乗会で、メディア関係者にとっては、乗ったことのないクルマに触れられる貴重な機会である。そんななか、当MF記者も遅ればせながらシボレー・カマロの直4モデルに乗ることができたのだが、V8モデルとの意外な違いに気づかされたのだった。TEXT&PHOTO●小泉建治(KOIZUMI Kenji)

直4でも動力性能に不満なし……どころか速い

    【ボルボV60】さらにV60をスタイリッシュに! 自分らしさを表現できる純正アクセサリーの数々<ACCESSORIES for VOLVO V60>

 これまでV8には少しだけ乗ったことがあったが、直4はない。ということで、今回のJAIA試乗会では初めて直4モデルであるLT RSローンチエディションに乗ることになった。

 スペックをざっと比較すると、V8はOHV 6.2Lで最高出力453psと最大トルク617Nmを発生するのに対し、直4はDOHC 2.0Lターボで275psと400Nmを発生する。その差は歴然としているが、とはいえ275psと400Nmもあれば、公道で無法者になるには十分である。

 自動車専用道に入り、アクセルを軽く踏みつけると一瞬にして制限速度に達し、慌ててアクセルを戻す。回転フィールもスムーズで、直4に乗っている限りV8の必要性を感じる場面はない。「直4でも十分じゃないか」と達観するのではなく、存分に飛ばして楽しめるクルマなのだ。

 試乗後、GENROQ編集部の撮影を手伝うことになり、彼らが借りているV8のカマロに乗って移動する場面があった。もちろんアクセルを床まで踏んづけたりすれば、その加速力は直4と比べるまでもない。

 だが途中であることに気がついた。先ほど直4に乗っていたときよりも、自分はなぜかゆっくりと運転しているのだ。V8のありあまるパワーを路面に叩きつけることもなく、ただただユル~リとトルクの波に身を委ねていたのである。

 そう、V8は直4よりもゆっくり走れるのだ。

「そんなもん、直4でもゆっくり走ればいいだけの話じゃねぇか」って? いやもちろんそうなのだが、クルマというものは不思議なもので、エンジンのキャラクターの違いはドライバーの走り方まで変えさせてしまうほどの力を持っている。少なくとも筆者はそう思う。

 だとしても、なぜパフォーマンスに勝るV8のほうがノンビリ走りたくなるのだろうか?

V8ならではのドロドロ感はドライバーにトルクを感じさせる

 その答えは、燃焼間隔と排気干渉にありそうだ。

 ご存知の通り、直4エンジンは一部の例外を除いて等間隔燃焼だ。一方のV8エンジンも等間隔燃焼だが、カマロを含む一般的なクロスプレーンの場合、片バンクずつわけて見ると不等間隔燃焼になっていて、そこで排気干渉が起こる。V8ならではのドロドロとした回転フィールやエキゾーストノートは、これによって生み出される。

 ちなみにカマロのV8には低負荷時のシリンダー休止機構が備わっているが、燃焼間隔が変わることのないように休止シリンダーを設定しているので、そのドロドロ感は8気筒から4気筒に切り替わっても見事に変わることがない。

 そして、この不等間隔燃焼というのは、ドライバーにトルクやトラクションを感じさせやすい。だからユル~く走っていても、ドライバーにはエンジンを回しているという実感があり、とくに飛ばさなくても満足を得やすいのだ。これは感覚的な話にとどまらず、レースの世界でも用いられている理論である。

 一方の直4や直6、そしてフェラーリのようなフラットプレーンV8などでは、回せるだけ回したくなる傾向がある。今回の直4カマロもまさにそれで、実際に高い動力性能を備えていることも相まって、けっこうな飛ばし屋になってしまうのだろう。

 もちろん燃焼間隔や排気干渉だけがエンジンのキャラクターを決めるわけではないので一概には言えないが、少なくとも今回の両カマロには、その特徴が顕著に表れていた。

 V8はハイパフォーマンス、直4は必要十分、という認識は、もう古いのかも知れない。間違っているわけではないが、V8にはスペックだけでは計れない魅力があり、直4はスペック面でも満足できるレベルに達している。

 とはいえ、そのV8の魅力が「ゆっくり走れる」ところにあったとは、つくづくクルマというものは奧が深く、乗ってみなければわからないものである。

シボレー・カマロ LT RS ローンチエディション
全長×全幅×全高:4785×1900×1345mm ホイールベース:2810mm 車両重量:1560kg エンジン形式:直列4気筒DOHCターボチャージャー 総排気量:1998cc ボア×ストローク:86.0×86.0mm 最高出力:202kW(275ps)/5500rpm 最大トルク:400Nm/3000-4000rpm トランスミッション:8速AT フロントサスペンション:マクファーソンストラット リヤサスペンション:マルチリンク ブレーキ:ベンチレーテッドディスク タイヤ:245/40R20 車両価格:561万6000円 

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan MotorFan編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します