現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > フェラーリの取説、164万円で落札 ボナムス・ロンドン・オリンピア・オークション

ここから本文です
ニューモデル 2018.12.19

フェラーリの取説、164万円で落札 ボナムス・ロンドン・オリンピア・オークション

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

なぜ、取説が高額落札

欧米のほとんどのオークションでは、カタログやオーナーズ・マニュアル、書籍、ポスターから、レーサーが使用したヘルメットやスーツ、さらにはモデルカーやラジエター・マスコットなどのオートモビリアとクラシック・パーツなどが出品される。

    R・レッドフォードが所有 奇跡のポルシェ904GTS 2億以上で落札か

オークションによってその傾向は多少変わるが、幅広いファンを対象としたラインナップが用意されることが多い。

先頃開かれたボナムス・ロンドン・オリンピア・オークションでも数多くのオートモビリアや関連グッズが出品されたが、ここでフェラーリ250 GT/E用のオーナーズ・ハンドブック(取扱説明書)が164万円と驚きの額で落札された。250 GT/Eは地味な2+2モデルだが、近年は最も安く買える250GT(とはいっても5000万円……)として人気を集めていることもひとつの要因といえる。

車両に付属する取扱説明書は失われていることが多く、オリジナルにこだわるオーナーにとってはぜひ欲しいもの。今回出品された250 GT/E用取扱説明書は、本体に加え純正のケースとディーラー拠点冊子も完備し、コンディションが良かったことから164万円まで値を上げたのである。

同時に出品されたディーノ246gt付属の取扱説明書は、当時のレザーケースに収められパーツリストとサービスブックが含まれる美品だったことから、日本の感覚では理解しにくいだろうが58万円で落札されている。

こうした高額落札の背景には、当然ながら需要を生み出すファクターが存在する。


クラシケ認定 付属品の壁

近年はフェラーリ・クラシケ認定の証明書発行に際して、付属品が揃っていることが要求されることから、取説に加え当時付属していた車載工具を求めるオーナーが増えているのだ。

そのためロンドン・オリンピアで出品されたフェラーリ275 GTB用の車載工具セットは、ほとんど出てこないことから入札がヒートアップ。最終的に227万円という趣味車が買える驚愕といえる額で決着が付いた。

最近フェラーリ275 GTBは1億5000万円から2億5000万円で取引されているので、275 GTBを買える方にとって227万円という額は微々たる金額なのだろう。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • mb1*****|2018/12/19 07:33

    違反報告

    別に驚きは無い。
    5000万のクルマの取説が164万。
    なら、50万のクルマものなら1.6万。こだわって買ったクルマの取説なら買う人が居ても不思議では無い。
  • hid*****|2018/12/19 10:56

    違反報告

    >日本の感覚では理解しにくいだろうが58万円で落札されている
    なにもおかしくないし、逆に「え?そんな額なの?」って…
    そっか、其処んとこが「理解しにくい」ってことか?

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します