現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > フォルクスワーゲン「ゴルフ トゥーラン TDI ハイライン」試乗 3列シートでも軽快でスポーティな操作性

ここから本文です
ニューモデル 2018.12.5

フォルクスワーゲン「ゴルフ トゥーラン TDI ハイライン」試乗 3列シートでも軽快でスポーティな操作性

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォルクスワーゲンの3列シート/7人乗り、「ゴルフ トゥーラン」にもTDIモデルが追加され、試乗してきた。トゥーランは、これまで1.4 TSIエンジンを搭載したモデルのみだったが、今回新たにディーゼルエンジン・モデルが追加され、選択肢を広げた。

搭載されるディーゼルエンジンは、ティグアン 2.0 TDI 4MOTIONと全く同じスペックで、150ps/340Nmのユニットだ。

    【ホンダNSX マイチェン試乗記】ドラスティックに変化し感性に寄り添う19年モデル vol.1/3


ただし、トゥーラン TDIはFF駆動でトランスミッションも従来からの6速DSGを組み合わせている。そのため、車両重量はティグアン 2.0 TDI 4MOTIONと比べて100kg軽い1630kg。走り出すと、やはりこの車両重量100kgの差は大きく、加速はディーゼルであることを忘れさせるほど気持ち良い。加速レスポンスの良さ、滑らかさのイメージとしてはガソリンエンジンの3.0Lクラスに匹敵するという感じだ。



1名乗車の状態では、ハンドリングも軽快でスポーティさを感じるほどだ。トゥーランは3列シートだから多人数乗車の機会もあるだろう、このTDIのエンジン・トルクならどんなシーンでもストレスのない走りができるはずだ。


1.4 TSIは250Nmの最大トルクだが、2.0 TDIのトルクは340Nmとはるかに強力で、その分だけ余裕のある走りができ、燃料コストも安いので、やはりこのディーゼル・モデルが本命だろう。

ゴルフ トゥーランの3列目シートを通常は、折り畳んでラゲッジスペースとして活用する使い方が多いと思う。また、オートキャンプなどでは2列目シートもフォールダウンさせる、あるいは3列目シートへ乗り込むなどの場面で、2列目シート、3列目シートをアレンジする機会も多い。このトゥーランはそうした時のシートの操作性、操作感の秀逸も改めて実感した。

どのシート操作でもクリック感があり、動きも軽快で気持ち良い。シートアレンジが多彩なクルマは、往々にしてシートを操作するときに動きが渋い、動きが重い、ガタがあるなど操作感はイマイチな例が多いが、このトゥーランの場合は別次元と言えるほど正確で、精密機械を扱うように操作できるのは、目に見えないアピールポイントだ。<レポート:松本晴比古/Haruhiko Matsumoto>

ゴルフ トゥーラン TDI 諸元表

【諸元&価格】

フォルクスワーゲン ゴルフトゥーラン 関連情報
フォルクスワーゲン 関連情報
フォルクスワーゲン公式サイト

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Auto Prove 松本 晴比古)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します