現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > アウディQ4のデザイン 「他モデルとは一線を画す」 TT風か

ここから本文です
ニューモデル 2018.11.30

アウディQ4のデザイン 「他モデルとは一線を画す」 TT風か

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もくじ

ー 2019年中に生産開始
ー 曲線的なルーフライン PHEVも

    アウディeトロンGTコンセプト 未来のアウディとは? デザイナーに訊く

2019年中に生産開始

アウディのクーペSUV、Q4は来年の発表を前にすでにデザインが完成しているようだ。

アウディのエクステリアデザインを統括するアンドレアス・ミントはこのモデルについて、「単なるQ3のクーペ版ではありません」と語った。彼はそのデザインはすでに昨年中に完成しており、他のアウディ車とは一線を画すスタイルになっているという。

アウディはすでにQ4の生産が2019年中にハンガリーで開始されることを認めている。このモデルはアウディがラインナップ拡大中のスタイリッシュなSUVのひとつであり、Q6やQ8に続くものだ。

この5人乗りSUVはBMW X2、レンジローバー・イヴォーク、メルセデスGLAなどに対抗することになる。2世代目Q3と同じくMQBプラットフォームを使用し、2万8000ポンド(406万円)程度で2019年に発売される。

次期型Q3は先日発表されたQ2との差別化のためサイズが拡大され、Q4もライバルたちと同等のボディサイズになるだろう。アウディ内部筋によれば、その全長は最低でも4500mmとなる。

曲線的なルーフライン PHEVも

Q4の開発計画はアウディが2014年に北京モーターショーで発表したオフロード版TT構想から生まれたものだ。これと同様、Q4も曲線的なルーフラインとリフトバックのテールゲートが与えられるだろう。

内装については最近のアウディやフォルクスワーゲン車のものが生かされるだろう。フルHFのメーターディスプレイ、ジェスチャーコントロール、9.2インチのタッチスクリーン式ナビに加え、最新のコネクティビティも備わる。

パワートレインは新世代の4気筒ガソリンや1.5ℓのディーゼルが用意されるようだ。さらに現行の2.0ℓガソリンやディーゼルも改良されるほか、トップモデルのRS Q4には400ps程度の2.5ℓ5気筒が搭載されるだろう。

Q4にはプラグインハイブリッドのQ4 eトロンも用意され、電動航続距離は50km程度になるようだ。これは中国のグリーン車両規制に適合するものだ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します