現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > マツダ初のEV 専用モデルとして2020年に登場へ ロータリーも

ここから本文です
ニューモデル 2018.11.30

マツダ初のEV 専用モデルとして2020年に登場へ ロータリーも

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もくじ

ー 現行ラインナップとの整合性重視
ー 内燃機関の高効率化も

    実車 マツダ・アクセラ新型 欧州発売は来春か LAショー

現行ラインナップとの整合性重視

マツダ初のEVは専用モデルとして2020年に登場するようだ。ロータリーエンジンを搭載するレンジエクステンダーも同時期に登場し、2021年にはマツダ初のPHEVが追加されるとのことだ。

このEVがどのようなボディスタイルを持つかは不明だが、その人気の高さやバッテリー搭載の容易さゆえSUVとなる可能性が高い。

マツダの前田育男デザインチーフは、今後のEVについて「デジタルなデザインにはしない」と述べており、現在のラインナップと整合性の取れたルックスになるだろう。

さらに欧州のデザイン部門を統括するジョー・ステニュイは「われわれは他のメーカーのように、EVを冷蔵庫のような見た目にするつもりはありません」と付け加えた。

内燃機関の高効率化も

昨年マツダはEVの開発においてトヨタと協力する方針を示している。しかし、マツダ初のEVはその提携によるものではないと欧州マツダのジェフ・ガイトンは語った。このモデルはその提携が始まる前に開発が進んでいたとのことだ。

マツダはEV化の流れに対しこれまで鈍い反応を示し、内燃機関の高効率化に注力していた。

たとえば、新しいマツダ3には圧縮点火のガソリンエンジンにより燃費を30%削減したとのことだ。さらに、マイルドハイブリッドを採用している。

マツダはテールパイプから排出されるCO2だけでなく、その生産過程も重視している。そしてその全体の排出量を2030年までに2010年の50%削減、2050年までには90%削減するとの目標を掲げている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します