現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > アウディPB18 eトロン 775psのEVスーパーカー、生産へたどり着く?

ここから本文です
ニューモデル 2018.11.29

アウディPB18 eトロン 775psのEVスーパーカー、生産へたどり着く?

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もくじ

ー R8の実質的な後継 実現には多くの課題
ー PB18から見える未来のスーパーカー像とは

    アウディR8 2019年型 パワー増強、ハンドリング向上 デザイン変更も

R8の実質的な後継 実現には多くの課題

アウディPB18はその名前の由来(PB=ペブルビーチ)となった今年のペブルビーチ・コンクール・デレガンスで初披露された。

パリ・モーターショーでは欧州初披露され、現在開催されているロサンゼルス・オートショーでも公開されている。そして今度は公道でもこのクルマが見られるようになるかもしれない。

アウディの外装デザイン部門のチーフ、アンドレアス・ミントは彼らが製品化を実現させようと奮闘していると語った。だがアウディがこのクルマを実現させるのはそう簡単なことではない。

例えば、コンセプトモデルでは運転席がセンターポジションとなっている。だが実際に作るとなると、そのステアリング機構も多額の費用を掛けて新しく設計することとなるだろう。

これほどの強大なパワートレインの冷却システムにも多くの課題が残されており、「電気自動車には大げさな冷却システムは不要」というのはありえない話だとミントは語った。

PB18から見える未来のスーパーカー像とは

PB18 eトロン自体は、新しくカリフォルニアに設立された「アウディ・デザイン・ロフト」と本国の「アウディ・スポーツ」の共同プロジェクトとして始まった。

「未来の高性能スーパーカー」として披露されたPB18 eトロンは同社が目指すスーパーカーの将来像となる。このPB18に盛り込まれた技術は今後のeトロンシリーズにも反映されていくだろう。

バッテリーは最新の全個体電池を採用。車体もアルミニウムやカーボンファイバー、樹脂系複合材料から成っている。これらの技術により、4WDにも関わらず車両重量を1550kg以下に抑えた。

ミントはスーパーカーの未来はEV技術にあるとし、またモータースポーツ面でも可能性を秘めていると語った。電気自動車の未来が楽しみである。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します