現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 【ロサンゼルスショー2018】ポルシェ、第8世代に進化した新型「911 カレラS」をワールドプレミア

ここから本文です
ニューモデル 2018.11.29

【ロサンゼルスショー2018】ポルシェ、第8世代に進化した新型「911 カレラS」をワールドプレミア

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ポルシェAGは2018年11月28日、第8世代へと進化した「911(type 992)」のワールドプレミアを、ロサンゼルスモーターショーの前夜に開催した。エクスクルーシブなスポーツカーのベンチマークである新型911は、ポルシェのデザインDNAを忠実に継承し、力感あふれるエクステリアを備えている。


完全に一新されたエクステリアのデザインは、type992へと生まれ変わり、911の優れた性能を体現している。よりワイドなホイールアーチ、そしてフロント20インチ、リヤ21インチ・サイズのホイールが卓越したダイナミック性能を明確に象徴している。

    フロントマスクが精悍になった2019年型「シボレー カマロ」登場



フロントボディ幅は45mmワイドになり、ドアと面一に格納されている電動ポップアウト・ドアハンドルの効果によりテーパーの付いた滑らかなサイドラインを強調。新しいLEDヘッドライトを繋ぐフロントリッドのラインは、初代911を彷彿とさせる。リヤはワイドな可変式スポイラーとエレガントなシームレスのライトバーが特長だ。なおフロントセクションとリヤセクションを除くボディはアルミニウム製だ。


まったく新しいインテリアは、クリアで直線的なラインを特徴とした1970年代の911モデルを思い起こさせるデザイン・テイストだ。


メーターは、ポルシェ特有の中央レブカウンターの横に位置する2つのフレームレスの薄型自由形状のディスプレイになっている。常時接続のコネクティビティにより新しい機能とサービスを実現。標準装備のPCMには、最新のデータが使用できるオンラインナビゲーションとポルシェ コネクトプラスが含まれる。

ポルシェは、ドライバー支援システムとして、世界初となる新開発のウェットモードを標準装備している。この機能は路面の水を検知し、それに基づいてコントロールシステムを調整してドライバーに警告する。ドライバーは、スイッチを押すか、またはステアリングホイールのモードスイッチ(スポーツクロノパッケージ仕様)を使用して、安全性を重視する設定に切り替えることができる。

標準装備されるウォーニングおよびブレーキアシストシステムは、動く物体との衝突の危険を検知し、必要に応じてエマージェンシーブレーキを作動させる。さらに熱探知カメラを備えたナイトビジョンアシストが、911に初めてオプションで設定されている。またオプションのアダプティブクルーズコントロールは、オートマチックディスタンスコントロール、スタート/ストップ機能、リバーシブルオキュパントプロテクション、および革新的な自動エマージェンシーアシスト機能を備えている。

911カレラSと911カレラ4Sに搭載される水平対向6気筒ターボエンジンは、先代を22kW(30ps)上回り、最高出力は450psを発生し、0-100km/h加速タイムは4秒の壁を打ち破る。後輪駆動クーペの911 カレラSは3.7秒、4WDモデルの911 カレラ4Sは3.6秒。この加速タイムは先代モデルを0.4秒上回っている。

オプションのスポーツクロノ パッケージ仕様車では、さらに0.2秒速い加速が得られる。最高速度は308km/h(911カレラS)と306km/h(911カレラ4S)に達する。911カレラSの燃費(NEDC)は8.9L/100km、911カレラ4Sは9.0L/100kmとなっている。

なお、新型911の日本向けの仕様、価格、受注開始時期は未定だ。

ポルシェ 911 関連情報
ポルシェ 関連情報
ポルシェ・ジャパン 公式サイト

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Auto Prove Auto Prove 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します