現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 新型プジョー508 SW試乗 スタイル自慢のステーションワゴン 走りも好印象

ここから本文です
ニューモデル 2018.11.28

新型プジョー508 SW試乗 スタイル自慢のステーションワゴン 走りも好印象

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もくじ

どんなクルマ?
ー フランス流のオシャレなステーションワゴン
どんな感じ?
ー 改善したiコクピットに広い荷室
ー サルーンと変わらぬ好印象な走り
ー ATのセッティングに “ひとこと”
「買い」か?
ー 引き立つステーションワゴンとしての魅力
スペック
ー プジョー508 SW ピュアテック180 GTラインのスペック

    『新型プジョー508SW』すべての画像をみる

どんなクルマ?

フランス流 オシャレなステーションワゴン

プジョーのデザイン部門は、プジョーとはどんな自動車メーカーであるべきなのか、よく理解しているのだろう。508のファストバック・スタイルをまとった4ドアサルーンは、フランス流のオシャレさに溢れた好例だと思うけれど、このステーションワゴンは、わたしの目にはさらに格好良く映っている。ブラボー!

ルックスの良さとは関係なく、フランスのプジョーがDセグメント・モデルにステーションワゴンを投入することは、必然的なものだった。なにしろ広域なヨーロッパ市場において、Dセグメントの場合では、ステーションワゴンが占める割合が60%も占めているのだ。日本ではステーションワゴンの人気は陰りがちながら、特にドイツでは今も根強い人気がある。

ステーションワゴン・ボディの508 SWが初めてお披露目となったのは、今年のパリ・モーターショー。全長はサルーンよりも30mmほど伸びて4778mmになっているが、その大部分はボディ後半に充てがわれている。ルーフラインの変更に伴い全高も17mm高くなり、ボディマスが大きくなったことで、車重は40kgほど増加。このボディ拡大は、基本的にはラゲッジスペースの拡大に繋がっている。過去にはステーションワゴンの方がサルーンよりもラゲッジスペースが狭い、という例もあったけれど。

荷室フロアは、サルーンよりも25mm長くなり、リアシートを立てた状態のラゲッジスペースはサルーンの487ℓから530ℓへと増えている。ちなみにプジョーによれば、BMW 3シリーズ・ツーリングのラゲッジスペースは495ℓで、メルセデス・ベンツCクラス・エステートは490ℓとなり、大きさでは勝っているようだ。さらに2列目を畳めば、1780ℓにまで容量を増やせる。

実用性が高まった分、エクストラコストも必要になる。英国価格はまだ決定していないそうだが、プジョーによれば、サルーンよりも1600ポンド(23万円)前後は高くなる見込みだという。英国の場合、180psの最高出力を持つGTラインが最も人気なグレードになると思われる。その場合、オプションなどを含めないまっさらな価格は、3万2830ポンド(485万円)程度を見ておけばよいだろう。

早速、このオシャレなパリジェンヌをポルトガルの道へ連れ出そう。

どんな感じ?

改善したiコクピットに広い荷室

クルマには価格相応の華やかさがあり、視覚的にも魅力的。アピアランスは、基本的にサルーンと同じだが、ボディスタイルからはそれ以上にワクワクするような印象を受ける。プジョーのiコクピットは、従来の運転環境を進化させる目的で導入されたが、208や3008のものは、やや高い着座位置に、小径のステアリングホイール越しのインストゥルメントパネルが不自然な感じが拭えなかった。しかし508では良くなったようだ。

運転席やステアリングコラムの調整しろは充分にあり、座面の高さも上記のモデルよりもしっかり低い位置に固定できる。やや細身のステアリングホイールのおかげで、12.3インチのデジタル・インストゥルメントは視認しやすい。計器のグラフィックデザインも美しいうえに読みやすく、大きな不満は感じられない。

またGTライン・グレードのモデルの場合、インテリアデザインのバリエーションも不足ない。あまり触れる場所ではないが、センターコンソールやダッシュボードの化粧パネルには、高級感のあるウッドパネルも選択ができる。

ルーフラインの変更で全高が高くなった分、リアシートのヘッドルームにもさらに余裕が出て、快適性も増している。上半身に関しては、かなり身長の高いひとでも不快に感じることはないだろう。ただし、レッグルームは特に伸ばされてはいないからご注意を。サルーンも広々ということはなかったけれど、それはステーションワゴンでも同じ。しかし、子供が2~3人いるような家庭なら、508 SWの方が、より使いやすいことは間違いないだろう。

サルーンと変わらぬ好印象な走り

また、ファストバック・スタイルのサルーンと大きく変わりないのは、好印象なドライビングフィールも同じ。508 SWのフロントがマクファーソンストラット式、リアがマルチリンク式となるサスペンションが、上手にうねりのある路面をいなしてくれる。収縮の動きは斬新的で、衝撃吸収性にも優れていながら、伸張時の動きは抑制され、安定した乗り心地を生んでいる。

オプションとなるアダプティブダンパーを装着していれば、スポーツモードを選択するとダンパーは引き締まり、ボディコントロールはさらに向上する。加えて、スロットルレスポンスがシャープになり、ステアリングの重さも増す。センター付近でのクイックさは妥当なもので、俊敏な運動性能に安心感を与えている。

基本性能で優れたシャシーに追加されたスポーツモードの信頼感のあるハンドリングは、歓迎できるものだと思う。ただし、今回の試乗ルートになったのは、ポルトガルの海岸線に延びるつづら折りの道だったのだが、508 SWのドライビングが心から楽しめると感じたわけではない。

高速道路での走りも悪くない。コンフォートモードを選択すると、乗り心地はさらに柔軟性を増し、1.6ℓエンジンのパワーは都市部に充分馴染める力強さがある。また2500rpm以上の回転域では豊かなパワーが湧出してくるから、流麗なプジョーのボディーを力強く加速させることもたやすい。

ATのセッティングに “ひとこと”

このボディとシャシー、エンジンのパッケージングは、かなり訴求力のあるものだと感じるが、気になる部分がないわけではない。8速ATはパドル操作での変速も受け入れてくれるが、スポーツモードであっても、AT自体のプログラムでの変速に比較的すぐに戻ってしまう。

マニュアルモードのセッティングもあるが、有効になるのは特定のドライビングモードのみ。もしトランスミッションを自主的にコントロールしたい場合は、自ずとパワートレインのレスポンスが向上し、サスペンションも引き締まった状態にならざるを得ない。

プジョー製Dセグメント・ステーションワゴンにトレーラーなどを繋いで走るというユーザーも、欧州の場合はかなりの数がいると思う。このパフォーマンスが向上するマニュアルモードは、牽引した状態での下り坂の走行時などで、スピードをコントロールする上でも有用かもしれない。

508のサルーンを英国で試乗した際の印象から、508 SWの乗り心地も、路面状況に伴う乗り心地、セカンダリーライドで落ち着きがないのではと心配していた。しかし、ポルトガルの滑らかな路面のおかげか、細かな振動はさほど気になるレベルではなかった。英国で試乗したクルマよりもワンサイズ小さい、18インチホイールを履いていたことも、影響しているだろう。

「買い」か?

引き立つステーションワゴンとしての魅力

そもそも508のサルーンが気に入っていたわたし。もちろん、ステーションワゴンもお気に入りの仲間入りだ。何より、その躍動感のあるデザイン、佇まいが素晴らしい。

508 SW以上に、オールマイティで、ダイナミクス性能にも優れたステーションワゴンは存在するし、もっと手頃な価格設定のモデルも存在する。また間もなく登場するであろう、新型BMW 3シリーズのツーリングも、かなり期待できる存在ではある。

それでも、アウディA4アバントやメルセデス・ベンツCクラス・エステートなどのモデルと比較してみても、プジョー508 SWの魅力は、引き立って見えるのだった。

プジョー508 SW ピュアテック180 GTラインのスペック

■価格 3万2830ポンド(485万円)
■全長×全幅×全高 4778×1859×1420mm
■最高速度 225km/h
■0-100km/h加速 8.0秒
■燃費 18.5km/ℓ
■CO2排出量 111g/km
■乾燥重量 1460kg
■パワートレイン 直列4気筒1598ccターボ
■使用燃料 ガソリン
■最高出力 180ps/5500rpm
■最大トルク 25.3kg-m/1650rpm
■ギアボックス 8速オートマティック

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN サイモン・デイビス)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します