現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 名門アルヴィス復活 コンティニュエーション・シリーズ、日本販売も開始

ここから本文です
ニューモデル 2018.11.16

名門アルヴィス復活 コンティニュエーション・シリーズ、日本販売も開始

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もくじ

ー 80余年を経たタイムトラベラー
ー 日本で買うアルヴィス
ー 知っておきたい アルヴィスとは

    『名門アルヴィス復活』すべての画像をみる

80余年を経たタイムトラベラー

イギリスにおいて上質で先進的なクルマを作ることで知られているアルヴィスは、1967年にその生産にピリオドが打たれる。

しかしファクトリーに残っていたシャシーやエンジン、トランスミッションを利用して、新生アルヴィスにより再び生産されることになった。あわせて当時アルヴィスの日本代理店を務めていた明治産業が、再び総代理店権を得て導入すると発表された。

日本での発表会はイギリス大使館で行われ、駐日大使のクリス・ヘファー氏の祝辞に続き、ジ・アルヴィス・カー・カンパニー・リミテッド会長のアラン・ストート氏がアルヴィスのスピリッツと経緯を語った。

新生アルヴィスのメインとなるのが1937年の4.3リットル・モデルだ。当時150台を生産する予定だったが第二次大戦でドイツ軍の空襲により73台を製作したところで中断。しかし残り77台分の承認と主要パーツが保存されており、今回「アルヴィス・コンティニュエーション・シリーズ」と名付けられ、1937年製の新車として姿を現すことになったのである。シャシーナンバーとボディナンバーは当時の続番が与えられる。

日本で買うアルヴィス

1937年の空気そのままに 4.3リットル・モデル

4.3リットル・モデルは、ヴァンデン・プラ・ツアラーとベルトーリ・スポーツクーペ、ランスフィールド・コンシールド・フードの3タイプが用意される。

ボディの製作は当時のコーチビルダーが姿を消しているので、アルヴィスの社内で作られるという。基本的には当時のスペックだが、現在の精度で製作されるため当時より性能が向上しているという。

価格はひとつの目安としてツアラーが41万ポンド、コンシールド・フードが48万ポンドからとなるが、ビスポークで製作されるためオーダー内容によって変動する。

1965年のTE21も用意

復活に際し4.3リットル・モデルに加え、モダンGTの1965年TE21にもコンティニュエーションカーが用意されるのはニュースだ。

今回は当時スイスのカロッセリエ・ハーマン・グラーバーが手掛けたスタイリッシュな「グラバー・スーパー・クーペ/41万ポンド~」と、「グラバー・スーパー・カブリオレ/41万ポンド~」、そしてイギリスを代表するコーチビルダーであるパークウォードによる「ドロップヘッド・クーペ/41万ポンド~」の3タイプから選ぶことができる。

東京にショールーム 12月オープン

いずれのモデルもオーダーを受けてから製作するため、今回はそれぞれの当時のモデルが参考として展示された。また同社は英国でレストアされたアルヴィス車の販売も予定しており、日本国内にあるアルヴィスへのパーツ供給も行うという。

この12月にはアルヴィスだけのショールームがオープンするので、より理解を深められよう。

店舗住所:東京都港区港南2-12-23 明産高浜ビル 1F
電話番号:03-5563-8863

知っておきたい アルヴィスとは

日本では馴染み薄いがアルヴィスは1919年から1967年まで存在した高品質で少量生産の特別な世界を持つ英国車である。1919年にT.G.ジョンにより設立され、1920年に最初のモデルとなる排気量1482ccの「アルヴィス10/30HP」を送り出す。

1921年になると会社名をアルヴィス・カー・アンド・エンジニアリング・カンパニー・リミテッドに改め、イギリスのモータウンといえるコヴェントリーに移転し、より体制を強化する。1923年になるとOHVヘッドを備える「アルヴィス12/50HP」に進化し、自動車メーカーとして座を確立。1925年には当時としては革新的な前輪駆動のレーシングマシンを製作し、1928年にはスーパーチャージャーで武装しル・マン24時間では総合6位/クラス優勝に加え総合9位/クラス2位という快挙を成し遂げる。

アルヴィスの進化は続き、6気筒1870ccエンジンを搭載する「14/75HP」が1927年に登場。この時代は購入するオーナーが好みのボディを架装するため様々なタイプが存在し、当時のコーチビルダー名である「ランスフィールド」、「パークワード」、「ヴァンデン・プラ」は現在のモデル名に受け継がれている。その後2.5ℓ、3.5ℓエンジンを積むスピード20、3.5ℓ、4.3ℓエンジンを積むスピード25を送り出し、その座を盤石なものにした。

第二次大戦が始まると高い技術力が買われ、航空機エンジンと軍用車両の生産を受け持ち社名もアルヴィス・リミテッドに改められる。戦後は3リッター・エンジンを積むTC21、TD21、TE21などの上質なGTモデルを送り出す。

しかし1960年代になると車両規定の厳格化などの新たな流れに乗れず、乗用車の生産は1967年をもってピリオドが打たれた。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します