現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > テスラ新事業計画 ウーバーに挑む「相乗り」ビジネス モデルY発売予定は

ここから本文です
ニューモデル 2018.10.26

テスラ新事業計画 ウーバーに挑む「相乗り」ビジネス モデルY発売予定は

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もくじ

ー 久々の黒字転換
ー ウーバーのライバルとなるか
ー モデルYの発売予定は2020年

    テスラ・モデル3の自動運転は優秀だがクルマの品質はまだまだだ

久々の黒字転換

テスラのイーロン・マスクCEOは、自前の配車サービスでウーバーの向こうを張るつもりだという。また、プロトタイプの段階にあるSUVのモデルYは、来年の発売に向けて生産準備が整ったと語る。

2年以上も赤字続きだった決算が、2018年の第3四半期には久々に黒字へ転じたテスラ。その額は3億1200万ドル(約350億円)にのぼるが、これにはデリバリーが5万6000台を超えたモデル3の寄与するところが大きい。テスラの四半期決算が黒字を計上するのは、2016年以来だが、15年の歴史の中ではようやく3度目の達成となる。

これを受けたマスクの声明では「歴史的」なる言葉が用いられ、自社の総意と努力を賞賛した。また、彼らが3カ月で8万台以上を生産したことが付け加えられたが、その半数以上がモデル3である。

ウーバーのライバルとなるか

マスクはまた、テスラがモビリティサービスへも手を伸ばす計画があるとしており、それは「自前の配車サービスを行い、ウーバーやレイファイと直接的に競合するものとなるのは明らかです」と投資家たちに説明した。

彼が示唆するのは、テスラのビジネスモデルが宿泊サービスのAirbnbに似たもので、顧客は「自由にクルマの数を増やしたり減らしたりできます」としている。どうやら、テスラの目論むサービスは自動運転の実用化を見込んだもので、個人車両が足りないときには会社所有の自動運転車を割り当てることもできるものになるようだ。

モデルYの発売予定は2020年

新型SUVのモデルYをはじめ、新型ロードスター、大型トレーラーやピックアップトラックなどを投入しようというテスラの将来的な計画について、マスクは「地球上のいかなる企業よりエキサイティングな商品計画」だと評する。

モデルYに関しては、2019年としていた発売時期を1年程度先送りにするようだが、「プロトタイプに、つい最近、商品化の承認を下しました」という。もしも来年3月ごろに予定通り発表されても、実際の発売は2020年まで行われないだろう。というのも、これに対応できる生産キャパシティの上積みが必要だからだ。

テスラではカリフォルニア工場の敷地内に、モデル3増産のため、テントのような建物の製造ラインを急造した。さらに、中国に生産拠点を建設中で、ここでは中国市場向けの2車種がラインを流れる予定だが、それはおそらくモデル3とモデルYになるだろう。

ピックアップに関しては、次の段階のラインナップになることを、マスクは明言している。

マスクの名が、財務報告書にテスラ会長として記されるのは、ひとまず今回が最後となる。社の内部情報をツイートしたことを問題視したアメリカ政府との合意により、降格が決まっているからだ。社長職には留まるが、後任人事についてのコメントは差し控えられた。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します