現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > メルセデス新型Aクラス発表。AIが学習する対話型インフォテインメントシステム「MBUX」に注目

ここから本文です
ニューモデル 2018.10.18

メルセデス新型Aクラス発表。AIが学習する対話型インフォテインメントシステム「MBUX」に注目

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メルセデス・ベンツ日本は10月18日、6年ぶりにフルモデルチェンジされた4代目となる新型「Aクラス」を発売しました。日本にまず導入されるのは1.4L直4ターボ搭載の「A180(322万円)」と「A180スタイル(362万円)」、500台限定の「A180エディション1(479万円)」で、納車時期は今年12月以降が予定されています。

新型Aクラスの注目ポイントは、すでに海外試乗などでもレポートされている新開発の対話型インフォテインメントシステム「MBUX(メルセデス・ベンツ ユーザー エクスペリエンス)」の初搭載です。「アマゾン エコー」や「グーグル ホーム」などの家庭用スマートスピーカーの車載版と考えると分かりやすいかもしれません。

    メルセデス新型Aクラスは322万円から。「ハイ、メルセデス」を試してほしい

「ハイ、メルセデス」で起動するMBUXは、ナビの目的地入力、電話、音楽、メッセージの入力と読み上げ、気象情報に加え、エアコンや照明の調整などにも対応。自然言語認識機能によって「暑い」といえばエアコン設定温度を下げるなど、通常の会話に近い表現にも対応するそうです。またAIらしく学習機能も備えており、ユーザーの普段の行動を記憶して先読みした情報を表示したり、新しい言葉も覚えたりするということですので、慣れてくれば話し相手にもなってくれそうですね。10.25インチのワイドディスプレイも備えれば、未来感たっぷりの空間が完成です。

パワートレーンは前述のとおり、最高出力136ps、最大トルク200Nmを発揮する新開発の1.4L直4ターボを搭載。トランスミッションは7速DCT(デュアルクラッチトランスミッション)が組み合わせられます。

ボディサイズは全長4419(先代A180スタイル比+119)×全幅1796(同+16)×全高1423mm(同-12mm)、ホイールベースは2729mm(同+29mm)と若干拡大。フロントはシャープに切れ上がったLEDヘッドライトや、先代とは逆に末広がりにデザインされたグリルなどで最新のメルセデス顔を表現しています。空力面もホイールまわりの気流損失を抑えたほかボディ各所に対策を施すことで、Cd値は先代の0.27からセグメントトップの0.25に改善されました。

最後に安全運転支援システムですが、昨年発表された「Sクラスセダン」と同等のシステムをオプションで設定。高速道路などの走行時に先行車を認識して、速度に応じて車間距離を調節する「アクティブディスタンスアシスト・ディストロニック(自動再発進機能付)」や、車両、歩行者、路上の物体などとの衝突の危険性を感知すると、ディスプレイ表示や音で警告する「アクティブブレーキアシスト(歩行者/飛び出し検知機能付)」、高速道路でウインカーを点滅させた場合、行き先の車線に車両がいないことを確認して自動で車線を変更する「アクティブレーンチェンジングアシスト」などが備わります。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(carview! 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します