現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > スマートEVに2シーターオープン 「フォーイーズ・コンセプト」 パリ発表へ

ここから本文です
ニューモデル 2018.10.1

スマートEVに2シーターオープン 「フォーイーズ・コンセプト」 パリ発表へ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もくじ

ー 近未来の都市型モビリティへ
ー 以前にも同様のコンセプトを発表

    999台限定、アウディR8の2WDモデル「RWS」はクワトロと別モノ

近未来の都市型モビリティへ

スマートはその20周年を記念し、電動のオープントップ2シーター、「フォーイーズ」を発表した。

このクルマはスマートEQフォーツー・カブリオをベースとし、「都市型モビリティの明快なソリューション」として開発された。ルーフが無いことに加え、短いウインドスクリーンを特徴とする。シート後方にはふたつの「ドーム」が設けられ、事故時の安全性に配慮している。

パリ・モーターショーで展示されるフォーイーズは白のボディに「ストリーム・グリーン」のアクセントが加えられるほか、専用のインテリアが与えられる。

以前にも同様のコンセプトを発表

「フォーイーズはシンプルに市街地での運転の楽しさを体現しています。電動モビリティの良さを妥協することなく追求しました」とスマートのカーティン・アドは説明する。

このEVパワートレインは2020年以降EV専用ブランドとなるスマートの将来を示すものだ。すでに昨年から、米国、カナダ、ノルウェーではEVのみを販売している。

このフォーイーズはクロスブレードやフォースピードといった以前のコンセプトカーに呼応するものだ。

2002年に発表されたクロスブレードはドア、ルーフ、ウインドスクリーンなどのないミニマルなデザインであった。当初はショーカーとして扱われたが、好評を受け2000台のみ市販化された。

2011年に登場したフォースピードもまたオープントップのEVコンセプトであった。クロスブレードと同様、ウインドスクリーンのかわりに航空機のプロペラのようなウインドディフレクターが取りつけられた。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します