現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > ボルボ360c まるで、走るベッドルーム レベル5自動運転コンセプト

ここから本文です
ニューモデル 2018.9.6

ボルボ360c まるで、走るベッドルーム レベル5自動運転コンセプト

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「移動」が変われば、ヒトも変わる

ボルボが、自律運転の新たなコンセプトを提案する「360c」というモデルを公開した。

    新型フォレスター北米仕様、国内お披露目会 今後ターボあるかも?

短時間のフライトのために飛行機を利用するくらいなら、自動運転のクルマで過ごそうというアイデアである。

360cは、レベル5の自動運転(ドライバーの操作が不要)に対応したモデルと考えられ、車室内には今日のクルマのような2列、3列のシートというものが存在しない。

あたかも移動するベッドルーム、走るオフィス、ときにはリビングルーム、パーティスペースとして機能する空間なのだ。

通勤時にはダイニングルームのように使い、朝食を取っているうちに勤め先へ。

デイタイムはオフィスとして利用し、サイドスクリーンにプレゼンテーションを投影しながら顧客と商談。出来立てのコーヒーだって用意されている。

アフターファイブには、クライアントとともにレストランに向かいながらパーティを開くことも。

ボルボの幹部が、こうしたクルマが社会に与える影響について話している。



動画 ボルボ360c 暮らしはどう変わる?

ボルボのマーテン・レベンストン上級副社長は、360cが「自律運転のテクノロジーによって、世界が変わっていく前ぶれ」になるモデルだと話している。

360cは完全自動運転を実現するエレクトリックカーで、「移動中の過ごし方、家族、友人との関わり方を見つめ直すもの。そして、移動によって失われていた時間を取り戻す」ことを目指している。

こうした自律運転のモデルによって、われわれの暮らしが大きく変わっていくというのだ。

「360cが、呼び水になると考えています。多くのアイデアとそれに対する答えから、様々なことを学べるのです。完全自動運転が、この社会にいろいろな意味で変革をもたらすでしょうから」

ボルボは、自動運転車両が広まれば、航空機よりも利便性が高いと考えている。360cならビジネスクラスを思わすキャビンにフラットベッドが備わるようなものだ。ドア・トゥ・ドアで考えれば、300km強のフライトと搭乗手続きに時間を取られるよりも、自動運転のクルマを利用する方が短時間で目的地に着くという。

従来は非生産的な時間でしかなかった日中の移動も、ほかの作業に従事することができる。こうした自動運転モデルが広まれば、新たな市場が誕生することをボルボは忘れてはいない。

さらにボルボは、自動運転車両の方が、人間が運転するクルマよりも安全で、環境汚染を抑え、渋滞を減らすことに注目している。それは結果として、都市生活者が健康的で、豊かな暮らしを手に入れることに繋がるからだ。


  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • oku*****|2018/09/06 08:18

    違反報告

    キャビンの天井が低くて、狭苦しい気持ちで乗る事になるね。乗り降りも不便そう。
    コンセプトカーだから見てくれデザインなのは理解するが、未来のクルマが狭くて不便という印象が残る。コドモにはコンセプトカーがカッコ良く見えるのかもしれないが。
  • zoo*****|2018/09/06 06:36

    違反報告

    未来の映画に出てくるようなデザインや内容だが、あおりやルールを守らない輩にはどう対応するんだろう?
    自動運転レーンなどを作ったにしても、輩に侵入されたら意味が無いし…
  • sek*****|2018/09/06 07:16

    違反報告

    昔行ったモーターショーのカタログを見返してみると、当時描いた未来と実際の未来はだいぶ違うことがわかる
    あくまでコンセプトカーで、それぞれの要素を強調してはあるのだろうけど、それを差し引いてもカッコよくないし、どこか違和感があるんだよね

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します