現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 前後を撮影 ケンウッド、2カメラ・ドラレコ「DRV-MR740」 24時間駐車監視

ここから本文です
ニューモデル 2018.9.5

前後を撮影 ケンウッド、2カメラ・ドラレコ「DRV-MR740」 24時間駐車監視

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

DRV-MR740(MR=マルチカメラ・リア)発表

2018年度のドライブレコーダー市場のキーワードは、ツーカメラ。つまり前後の撮影が可能な2カメラ・ドラレコの需要拡大だ。

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

実は2016年度、2017年度におけるドライブレコーダー・メーカー別販売数量の首位であるケンウッドは、2カメラのスタンドアローン製品をラインナップしていない。

そこで10月に発売される新製品で、このニーズに応えようというのだ。さっそく新型を紹介しよう。

DRV-MR740は、メインユニット(前)とセカンドカメラ(後)からなる2カメラ・ドライブレコーダーだ。

その特長は、下記の4点である。

・高画質のDNA
・24時間駐車監視録画
・コンパクトな設計
・地デジ電波への干渉対策

同社のドライブレコーダーを使用するユーザーが、購入時に最も重視したのが、「高画質録画」であるという(同社調べ)。DRV-MR740についても、F1.8のレンズを採用。JVCケンウッドが長年培ってきた高画質のノウハウを活かし、リアの映像をくっきり明るく録画することを目指した。

DRV-MR740の2番目の特長は、セキュリティ対策としても評価できるもの。別売りの車載用電源ケーブルを使用することで、24時間の駐車監視録画に対応したのだ。

衝撃検知にくわえ、動体を検知した場合に前5秒/後5秒の駐車録画を格納するので、長時間の駐車だって安心できる。

3番目の特長は、そのサイズだ。




小型化 前方視界に異物感なし

写真は、DRV-MR740を車両に取り付けた状態だ。ルームミラーの裏側に収まり、前席乗員の視界に入らないコンパクトなサイズにまとめたのがよく分かる。

2カメラ・ドラレコというものは、2台のレコーダーを動作させるのと同じ処理速度が求められる。このため、熱対策などにより大型化してしまうのが一般的だが、メインユニットを87.9×50.6×33mm、セカンドカメラを44.0×40.4×30mmという小型サイズに収めた。

なお、セカンドカメラとの接続ケーブル長は8mとなるので、車種を選ばずに引き回しができるのも心強い。

また、地デジやAMラジオへの影響については、最小限に抑えるノイズ低減設計(VCCIクラスB適合)を施し電波干渉を抑えた。現代のクルマは車載機器が増えていることを考えると、評価したいポイントである。

DRV-MR740は、本日より受注開始。発売は10月上旬だ。価格はオープンで、想定価格は3万4000円前後と発表されている。

同時発表のDRV-MP740は、同じ2カメラでも車室内にセカンドカメラを向けるタイプ(MP=マルチカメラ・パッセンジャー)。トラックやタクシーといった業務用車両の運行管理に有効的な1台だ。こちらの想定価格は3万7000円前後で、同じく10月上旬の発売。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します