現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > マクラーレンF1 2019年シーズンに向けサインツと契約 アロンソ後任

ここから本文です
ニューモデル 2018.8.17

マクラーレンF1 2019年シーズンに向けサインツと契約 アロンソ後任

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もくじ

ー 急転直下の契約 チームメイトは未定
ー サインツのパートナーは誰に?

    新型フォレスター北米仕様、国内お披露目会 今後ターボあるかも?

急転直下の契約 チームメイトは未定

レッドブルとの契約下にある23歳のサインツJrは、今シーズン、ローンの形でルノーのワークスチームからF1に参戦しているが、ダニエル・リチャルドがレッドブルからルノーへの移籍を決めたことで、その将来に不透明感が漂っていた。

リチャルドの後釜となることも検討されたようだが、同じスペイン人ドライバーであるアロンソがF1からの引退を決めたことで、マクラーレンが急転直下、サインツとの「複数年契約」を締結している。

「カルロスには若さと経験が完ぺきなまでに揃っています」とマクラーレントップのザック・ブラウンはいう。「まだ若干23歳ですが、彼はチームに多くの経験をもたらし、来年われわれと共に5シーズン目のF1を戦うことになります」

サインツは世界ラリー選手権で2度のタイトルを獲得したカルロス・サインツSrの息子であり、2015年にトロ・ロッソからF1デビューを果たすと、昨シーズン終盤にルノーへ移るまで、このイタリアチームで走り続けた。

サインツのパートナーは誰に?

サインツがマクラーレンと契約したことで、現在トロ・ロッソのドライバーを務めるピエール・ガスリーには、来シーズンをマックス・フェルスタッペンと共にレッドブルから参戦する道が開かれることになる。

一方、2019年シーズン、マクラーレンからサインツと共に参戦するドライバーは明らかとなっていない。

チームのプレスリリースでは現在ドライバーを務めるストフェル・バンドーンについて何も触れておらず、単に「2019年シーズンのドライバーラインナップについては、いずれ発表します」としているだけだ。

マクラーレンでF1フル参戦2年目を迎えたバンドーンだが、レースでは常にアロンソの後塵を拝しており、残りのシートを巡っては、マクラーレンのリザーブドライバーであり、今シーズンのフォーミュラ2でチャンピオン争いをしている18歳の英国人、ランド・ノリスも加わっての争奪戦となっている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します