現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > VWグループ EVとPHEVをリコールか 充電系にカドミウム

ここから本文です
ニューモデル 2018.8.10

VWグループ EVとPHEVをリコールか 充電系にカドミウム

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

対象は12万台超え

ドイツ連邦自動車庁が、カドミウムが混入した車両のリコールを命じる可能性がある。

    VWゴルフGTEが欧州で値下げ GTIに対する立ち位置を検証 PHEVの存在意義とは

対象は、フォルクスワーゲン・グループのEVとプラグイン・ハイブリッド車、12万4000台。ドイツの連邦自動車庁(KBA)による判断が待たれる。

リコールの理由は、クルマに備わる充電システムの一部に、発がん性金属であるカドミウムが検出されたためである。フォルクスワーゲンがラインナップするすべてのプラグイン・ハイブリッドと電気自動車(eゴルフ、eアップ、ゴルフGTE、パサートGTE)が影響を受けるほか、アウディやポルシェも対象に含まれる。

「Wirtschaftswoche」誌が報じたところによると、フォルクスワーゲンは問題を7月20日に認識し、国家機関に正式に報告。充電システムには0.008gのカドミウムが含まれており、密封されているため使用しても人体に影響はないが、クルマが寿命を迎え、廃棄される際の環境への影響が懸念されている。



販売好調 ゴルフGTE/パサートGTE

問題発覚後、該当車種の生産は一時的に停止されたが、カドミウムを含むパーツはすでにほかのサプライヤーが供給する代替品に変更されており、グループは生産を再開している。

しかし英国では、今年初めからゴルフGTEやパサートGTEの販売が停止されている。これは先例のないほど需要が大きく、膨大な予約数に対処仕切れないためである。

AUTOCARはこの充電システムの問題についてフォルクスワーゲン英国広報部に問い合わせているが、まだ公式なコメントは得られていない。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • yam*****|2018/08/10 07:07

    違反報告

    今後、大量廃棄の時期が到来すれば、中国じゃ埋めたり沈めたりが横行するだろうね。

    食物汚染が拡大するね。
  • kan*****|2018/08/10 08:00

    違反報告

    フォルクスワーゲンがラインナップするすべてのプラグイン・ハイブリッドと電気自動車(eゴルフ、eアップ、ゴルフGTE、パサートGTE)が影響を受けるほか、アウディやポルシェも対象に含まれる。
     ↑
    要するにバッテリーにカドミウムが入っているのだろう。
    かつてのニッカド電池のように。
    廃車の前に、事故等で漏れ出て影響する割合の方が高そうだ。
  • pin*****|2018/08/10 08:28

    違反報告

    昔は銅合金の被切削性を改善するために鉛やカドミウムが添加されていた。
    今は意図的に混入させることは少なくなったが、リサイクルする際に混ざっていたりすると、完成した製品が汚染されたりする。
    今回の事例が何なのか詳細は分からないが、恐らく電気接点の部品とか、ネジとか、小さな部品の汚染ではないか。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します