現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > フォードとフェラーリ ル・マンの新クラス策定協議から離脱

ここから本文です
ニューモデル 2018.8.8

フォードとフェラーリ ル・マンの新クラス策定協議から離脱

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もくじ

ー 新ルール策定からの離脱
ー 参戦コスト、LMP1の4分の1程度に
ー ハイブリッド化 エンジン形式には自由度も
ー アストンやマクラーレンも積極姿勢

    減っているのに増えている! 「東京モーターサイクルショー」過去最多の来場者数

新ルール策定からの離脱

フォードとフェラーリは、ル・マンのハイパーカークラス新設についての会合から離脱すると表明した。

2020年以降現在のLMP1と入れ替わる形で新設される予定だが、両社はこのクラスへの参戦に興味を示していないものと見られている。

マクラーレン、トヨタ、アストン マーティンなどを含む15のメーカーおよびサプライヤーが新ルールの策定への関与をしているようだ。

フェラーリはフォーミュラ1のルール変更を巡って参戦をやめる意向を度々示している。最近では2017年後半に、2021年以降のエンジンに関するレギュレーション変更でその動きがあった。

参戦コスト、LMP1の4分の1程度に

2020年以降、ル・マン24時間レースでは978psのハイブリッドのパワートレインを搭載するコンセプトカーとハイパーカーのクラスが新設される。現在のLMP1カテゴリーを置き換える形となり、FIAとACOによってルールの策定が進められている。

FIA世界耐久選手権(WEC)のトップカテゴリーは高価なLMP1プロトタイプだが、最近アウディとポルシェが離脱するなどの問題を抱えている。このカテゴリーに参戦するメーカーはトヨタのみとなった。

新ルールではLMP1と比べ1シーズンあたりの費用が4分の1程度まで抑えられることになり、メーカーにとって魅力的なものとなる。ハイパーカーに似たボディが使用されることにより、公道を意識したファンへのアピールも向上するだろう。

FIA耐久委員会の会長を務めるリシャール・ミルはいう。「われわれが求めるのはハイパフォーマンスでありながら、ファンにも受けるクルマです。そして、限られた予算の中でもル・マンに勝利することができるレギュレーションを目指しています」

ハイブリッド化 エンジン形式には自由度も

新ルールでは、ブランドごとの特徴を生かしたデザインで、固定式エアロパーツを用いた2シーター車が使われることになっている。現在のLMP1と比べ、ルーフラインは高く、ウインドスクリーンもワイドになる予定だ。したがって、公道用のクルマに近いデザインとなる。

ただし、マクラーレン・セナやランボルギーニ・ウラカン・ペルフォマンテなどのようなアクティブ式エアロパーツは承認される見込みだ。

車重は980kgと規定され、重量配分にも制限が設けられる。

内燃機関の形式にはある程度の自由度が与えられ、排気量やターボの使用にも幅が持たせられる。しかし、最高出力は707psとなるほか、最小サイズ、重量、重心高などは規定が設けられる。

そしてすべてのクルマが272psの電動モーターが前輪を駆動する4WDシステムを搭載することになる。各メーカーがハイブリッドシステムを設計することが許され、FIAによってホモロゲーションを取得する必要がある。ただし、他チームからの求めがあればそのシステムを供給しなければならない。

アストンやマクラーレンも積極姿勢

アストン マーティンとマクラーレンはヴァルキリーやセナが有利となるようなルールになるよう交渉に臨んでいる。この新ルールはメルセデス-AMG プロジェクト1のようなハイパーカーも参戦可能となるかもしれない。

アストン マーティン・レーシングを統括するデイヴ・キングは、このレギュレーションの詳細が公表される前、「アストン マーティンや他のメーカーは、新たなレギュレーション策定のための協議に積極的に参加しています。われわれはこのカテゴリーへの興味を持ってはいますが、参戦するか否かの具体的な決定はしていません」と語った。

この新ルールは2020年に導入される予定だが、新たなクラスの名称は決定されていない。FIAは今年中にファン投票を行う予定だ。

ル・マンの主催者は2024年以降、水素燃料電池車向けのイベントの開催を検討しているが、その詳細は何も明かされていない。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • jrh*****|2018/08/08 12:55

    違反報告

    色々と協議して、より良いレギュレーションを創って下さい
    但し、電気自動車は絶対にやめてね、
    安っぽい「あの音」じゃ、ドッチラケ
    ラジコンレースじゃないんだから
  • win*****|2018/08/08 15:37

    違反報告

    昔のCカーによるメーカー同士のガチの争いが良かった。
  • hir*****|2018/08/09 12:58

    違反報告

    最近妙にお高くとまったフェラーリは脱退してくれても構わない。
    F1では特権階級のごとくインチキ臭いことを散々やっている。
    もうフェラーリはF!も去ってくれても良いと思う、いや一度いなくなったほうが良い。
    日本国内ではランボルギーニが販売で急進している。
    金融屋セルジオ・マルキオンネが逝去した後のフェラーリ、ルカ・ディ・モンテゼーモロの再登板を期待する。
    銭ころがし金融屋が企業を支配すると絶対に良くない。

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します