現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > レクサス澤プレジデント EVへの一点集中は、時期尚早

ここから本文です
ニューモデル 2018.7.23

レクサス澤プレジデント EVへの一点集中は、時期尚早

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

EVの普及は、道半ば

レクサスの澤良宏プレジデントは、レクサスはすべてのタイプのパワートレインについて研究を重ねているが、顧客や環境へのメリットが明確になるまで市場に進出しないと語った。

    MINI、公道を走るレースカー“GP”のコンセプトカーをNYショーで披露

完全な電気自動車技術は広く普及するための準備がまだ整っておらず、環境への影響も完全に把握されていないというのだ。

彼が初めて訪れたグッドウッド・フェスティバルで述べたところによると、レクサスはトヨタと協力してあらゆる種類のパワートレインについて検討を重ねており、これにはフルEVや水素自動車も含まれているという。

「われわれの掲げるフィロソフィーは、『移動の自由を提供する』ことであり、すべての分野で技術研究を行わなければなりません」澤はいう。「電気自動車は、もしかするとわれわれが移行を進めたハイブリッドよりも重要かもしれません。しかし、フルEVはすべての人に適している訳ではないとも考えています」



バッテリーの製造、劣化、交換は…

「ピュアEVは今の所、充電に長い時間がかかるだけでなく、バッテリーは製造工程で環境に大きな影響を及ぼし、使用を続けるにしたがって劣化するなど、多くの問題を抱えています。セルを交換するならば、回収したバッテリーの新たな使い道やリサイクルについても検討しなくてはなりません。これは複雑な問題です。現在議論が進めらていますが、おそらく問題はさらに複雑でしょう。わたしはもっと納得できる形で自動車の将来を模索したいと思っています」

「わたしの考える最善の解決策は、EVだけではありません。ガソリンやハイブリッド、プラグインハイブリッドや燃料電池の使用も熟慮しなくてはならないのです。EVだけに集中していては、ひとりひとり異なる要望に答えることはできないでしょう」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します