現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > ポルシェ販売、過去最高の13万598台 中国市場には新たな動き……

ここから本文です
ニューモデル 2018.7.12

ポルシェ販売、過去最高の13万598台 中国市場には新たな動き……

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前年同期比 プラス3%を達成

ポルシェAGは、2018年度の上半期において、過去最高記録となる13万598台の新車を世界中で販売したことを発表した。前年同期と比較してもプラス3%の好成績である。

    減っているのに増えている! 「東京モーターサイクルショー」過去最多の来場者数

もっとも大きな伸びを見せたのはパナメーラ。今年1月から6月までの期間に、前年同時期の約2倍となる2万500台を販売。911も同様に2桁の伸びを見せ、28%増の2万1400台を記録した。

4万6600台が販売されたマカンは、引き続きポルシェのモデルレンジにおいてもっとも大きなボリュームを占めている。カイエンは2万8700台がオーナーのもとへ巣立っていった。

セールスおよびマーケティングを統括するデトレフ・フォン・プラテン取締役は、「ポルシェ・スポーツカーの誕生から70周年という記念すべき年に、われわれのアイコンである911の販売が好調なことは嬉しい限りです。この事実はポルシェブランドに対する需要が相変わらず強いことの証でもあります」とコメントを発表した。

各地域の数字についても、情報が入ってきた。



各国、各地域の成績は? 中国市場は?

ポルシェの本拠地、ドイツにおける2018年度上半期の販売台数は前年比で11%増加し、ヨーロッパ全体では9%増となった。3万3363台を販売した中国は、アメリカ(2万9421台)を上回り、依然としてポルシェにとって最大の単一市場となっている。

中国市場での販売台数が7%減となった主な要因は、今年7月1日から実施される輸入関税の引き下げ。この施策は、多くの顧客を購買行動から遠ざけたという。

今後の見通しについてフォン・プラテンは、景況に注意を払いつつもポジティブな予想を立てている。

「ポルシェにとってもっとも大きなマーケットである中国とアメリカにおける政治と経済の状況は、注視する必要があります。ヨーロッパでは排出ガスの将来的な基準に備えるべく準備を進めています。上半期の業績が好調だったことから、今年度の販売台数は昨年と同じく高いレベルに達すると見込んでいます」

ポルシェAG 2018年上半期 新車販売台数

全世界:13万598台(前年同期プラス3%)

ヨーロッパ:4万6955台(同プラス9%)
ドイツ:1万7215台(同プラス11%)
アメリカ:3万5635台(同プラス7%)
米国:2万9421台(同プラス7%)

アジア太平洋、アフリカおよび中東:4万8008台(同マイナス4%)
中国:4万8008台(同マイナス7%)

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します