現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > マツダ・アテンザ改良型 2.5ℓガソリン・セダンを評価 ディーゼル車も試乗

ここから本文です
ニューモデル 2018.7.6

マツダ・アテンザ改良型 2.5ℓガソリン・セダンを評価 ディーゼル車も試乗

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もくじ

ー SKYACTIV-G 2.5 気筒休止を導入
ー 車内は? 静粛性、走行前/走行中の差
ー 改良シャシー 欧州プレミアム勢と闘えるか?
ー ワゴン・ディーゼル車 AWDの安定感
ー 6年目のアテンザ 失われない輝き
ー 改良型アテンザ 試乗車スペック

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

2.5ℓガソリン 気筒休止を導入

マツダのフラッグシップモデル、アテンザの現行型が誕生したのは2012年のことだった。2014年11月には初のマイナーチェンジを実施し、商品力をさらに向上させているが、アテンザの進化はそれでは終わらなかった。

デビューから6年目を迎えた2018年、マツダは再びアテンザを大幅改良。エクステリアやインテリアでのデザイン変更に始まり、パワーユニットやシャシー、そして最新スペックの安全技術の搭載など、その改良ポイントは実に幅広いエリアに及んでいる。

試乗:SKYACTIV-G 2.5(セダン・FF)

まずステアリングを握ったのは、2.5ℓ直列4気筒エンジン「SKYACTIV-G 2.5」を搭載するセダンの「25S Lパッケージ」だった。マツダはアメリカで販売される「マツダ6」で、それにターボチャージャーを組み合わせた「SKYACTIV-G 2.5T」を採用しているが、残念ながらアテンザでは、その搭載は実現しなかった。とはいえ190psの最高出力と25.7kg-mの最大トルクを誇る自然吸気エンジンには、新たに気筒休止技術が導入され、市場が強く求める環境性能はさらに高まった。

新デザインのフロントグリルやヘッドライト等々を採用したフロントセクション、そしてこちらもよりスタイリッシュなディテールへと変化したリアセクションと、これまでも造形の美しさでは定評のあったアテンザのセダンボディは、さらにその魅力を高めている。



車内は? 静粛性、走行前/走行中の差

さらに驚くのはインテリアのフィニッシュで、マツダ初となるシートベンチレーション機能を備えた、素晴らしい座り心地とホールド性を感じさせるシートや、フラッグシップらしい高級感と、独特な落ち着きを感じさせるダッシュボードトリムに身を包まれていると、このキャビンこそが新型アテンザが持つ、ライバルに対しての最大のアドバンテージと思えてくる。

ドアをクローズした時の重厚感のある音が聞こえた瞬間、このキャビンは外界の喧騒とは完全に隔離された空間になる。これもまたアテンザの車格というものを直接的に感じさせるもの。

2.5ℓの自然吸気ガソリンエンジンと6速AT「SKYACTIV-DRIVE」との組み合わせによる加速は実にスムーズに始まるが、高回転域でのメカニカルノイズが、フラッグシップとしての高級感を若干ではあるが損なっていることが気になった。



改良シャシー 欧州プレミアム勢と闘えるか?

カウルクロスメンバーを強化し、前後のサスペンションもデザインを一新するなど、こちらも積極的な改良が施されたシャシーは、常にリニアなフィーリングに終始するステアリングとともに、ナチュラルでスポーティな走りを演出している。

その一方で乗り心地やノイズの処理は、これは19インチサイズタイヤの特性による部分も大きいのだろうが、個人的にはライバルの、とりわけヨーロッパのプレミアムブランドとの間にはまだまだ大きな差があるというのが率直な感想だった。

低負荷時には2気筒分が休止するシリンダ・オン・デマンドのシステムは、もちろんその存在をドライブ中に、我が身で感じることは不可能だった。

今回のドライブでは、その機能性を長時間にわたって楽しむことはできなかったが、ATモデルでは0km/hからの全車速追従機能を新たに備えることになった「マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール」や、歩行者の夜間認識精度がさらに向上したという「アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート」、そして「アダプティブLEDヘッドライト」などの機能も、新型アテンザのカスタマーからは大いに満足されるに違いない。

試乗車にはさらに、オプションの「360°ビュー・モニター+フロントパーキングセンサー」も装備されており、こちらもその実用性の高さを、試乗中には確認することができた。



ワゴン・ディーゼル車 AWDの安定感

試乗:SKYACTIV-D 2.2(ワゴン・AWD)

セダンに続いてステアリングを握った、ワゴンの「XD Lパッケージ」も実に魅力的なモデルだった。2.2ℓ直列4気筒ターボディーゼル、「SKYACTIV-D 2.2」は、最高出力では190psと、「SKYACTIV-G 2.5」のそれと同一のスペックだが、最大トルクは45.9kg-mと、同様の比較では20.2kg-mものエクストラを持つ。

一方でウエイトは、今回の試乗車での比較では、170kgほどのハンデをワゴンは背負うが、加速のスムーズさには、やはりこのトルクの余裕が直接的に表れていた。ノイズやバイブレーションの処理も見事だ。キャビンは高速クルージングでも快適な空間に保たれるから、長時間の移動でもドライバーやパッセンジャーの疲れは、最小限にそれを抑えることが可能だろう。

ちなみにこの「XD Lパッケージ」では、今回試乗した4WDモデルのほかにFFの駆動方式を選択することもできるが、よりアクティブなライフスタイルを考えるのならば、選択すべきはもちろん4WD。この駆動方式によって演出される抜群の安定感、そして走りの高級感は大きな魅力といえる。



6年目のアテンザ 失われない輝き

大幅改良によって、驚くほどの進化を遂げたマツダ・アテンザ。最初にも触れたとおり、すでに現行型はデビューから6年目を迎えている。

ライバルのフルモデルチェンジサイクルから考えれば、アテンザでもそろそろ、第4世代となる新型の存在が気になるところなのだろうが、それでもなおフラッグシップサルーン、そしてワゴンとしての新鮮さを失っていないのは、デザインはもちろんのことエンジニアリングなどが、常に積極的な進化を続けてきたことの証明なのだろう。

アテンザにはこれから先、さらにどのようなストーリーが用意されているのだろうか。それを想像する楽しみが尽きないのもまた、マツダというブランドが持つ、確かな魅力のひとつなのだ。

改良型アテンザ 試乗車スペック

マツダ・アテンザ・セダン25S Lパッケージ(FF)

■価格 361万8000円
■全長×全幅×全高 4865×1840×1450mm
■最高速度 –
■0-100km/h加速 –
■燃費 14.2km/ℓ(WLTCモード)
■CO2排出量 163g/km
■車両重量 1540kg
■エンジン 直列4気筒2488cc
■使用燃料 ガソリン
■最高出力 190ps/6000rpm
■最大トルク 25.7kg-m/4000rpm
■ギアボックス 6速オートマティック





マツダ・アテンザ・ワゴンXD Lパッケージ(AWD)

■価格 424万4400円
■全長×全幅×全高 4805×1840×1480mm
■最高速度 –
■0-100km/h加速 –
■燃費 17.0km/ℓ(WLTCモード)
■CO2排出量 152g/km
■車両重量 1710kg
■エンジン 直列4気筒2188ccディーゼルターボ
■使用燃料 軽油
■最高出力 190ps/4500rpm
■最大トルク 45.9kg-m/2000rpm
■ギアボックス 6速オートマティック




なお、AUTOCAR JAPAN上でご覧の方は、「すべての画像をみる」ボタンから、外部メディアの方は、記事下のリンク「『マツダ・アテンザ改良型 2.5ℓガソリン・セダンを評価』すべての画像をみる」から、ほかの画像をお楽しみいただける。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 山崎元裕)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • sw4*****|2018/07/06 20:44

    違反報告

    この記者に、2WDか4WDかを伏せて、あくまでドライな一般道を、普通の速度域で市場させて、駆動方式の区別が出来るかをやらせたい。
    是非やらせたい。
    絶対に出来ない。と言うか、人間では出来ない。
    4WDの走りが高級とか、失礼な表現で申し訳無いが、バカだ。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します