現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > アストン マーティンDB11 特別仕様2車種 「Q」部門、手がける

ここから本文です
ニューモデル 2018.7.5

アストン マーティンDB11 特別仕様2車種 「Q」部門、手がける

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もくじ

ー 伝統のボート競技にちなむ
ー クラシック・ドライバー・エディションも

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

伝統のボート競技にちなむ

アストン マーティンは「Q」部門が手がける2種類の特別なDB11を発表した。

ひとつめはDB11ヴォランテ・ヘンリー・ロイヤル・レガッタだ。これはアストン マーティンが提携するボート競技にちなんだものだ。昨年もワンオフで同様のクーペ仕様が発売された。

このクルマはホワイト・ストーンの塗装がほどこされ、ペール・ブルーのアクセントが入る。内装はレッド・オキサイド・ケイスネスと呼ばれるレザーを使用している。ステンレス製のクロスしたオールのモチーフも特徴だ。グロスブラックのホイールや、アルマイト加工のブレーキキャリパー、スモークテールライトに加え、各所のカーボン製パーツが特別装備される。

この19万9995ポンド(2919万円)のクルマは今年7月4日から8日にオックスフォードシャーで開催されるイベントで展示される。

クラシック・ドライバー・エディションも

Qによるもうひとつの作品はDB11クラシック・ドライバー・エディションだ。これはクーペとヴォランテが存在し、20台が限定生産される。価格は19万9275ポンド(2909万円)からだ。

このモデルはウェブサイト「クラシック・ドライバー」の20周年を記念して発売される。

クラシック・ドライバー・グレーと呼ばれる特別色で塗装されている。この色はサイトのカラーと1960年代アストンのチャコールグレーにインスパイアされたものだ。パールフィニッシュが施され、「太陽光の下では緑がかって見える」とのことだ。さらに、カーボンファイバー製のパーツが各所に奢られる。

内装では、シート、ダッシュボード、ステアリングなどはアイフェル・グリーン・ケイスネス・レザーが使われ、ヘッドレストにはクラシック・ドライバーのロゴが刺繍される。ヴォランテ仕様では、ソフトトップはウェストミンスター・グリーンとなる。さらに、サイドシルやフェンダーにクラシック・ドライバーのプレートが装着される。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します