現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 英国、なぜ軽量化に強い? マクラーレンCEO「リードには政府との連携不可欠」

ここから本文です
ニューモデル 2018.6.28

英国、なぜ軽量化に強い? マクラーレンCEO「リードには政府との連携不可欠」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

軽量化技術が脚光 キーは政府の支援

一昨日に開催されたSMMT(英国の自動車製造販売協会)のサミットで、フレウィットは(マクラーレン・セナで活用しているような)英国の「軽量化技術」の発展に向けて支援を求めた。「軽量化」は今後重要性が増していく分野であり、この分野において英国が世界をリードするには支援が不可欠だという。

    MINI、公道を走るレースカー“GP”のコンセプトカーをNYショーで披露

「英国は素晴らしいことに、自動車の『軽量化戦争』でトップに立つ可能性を秘めています。そして『軽量化』技術は、厳しさが増す環境目標を達成するためにとても重要な分野です」

「軽量化で成功を収めるには業界と政府が親密に連携し、業界、英国全体、そして期待通りの動力性能と高燃費を両立したクルマを望むオーナーの利益のために尽力しなければなりません」

マクラーレンは車両の軽量化のために最大限努力しており、もうじきオープンするシェフィールドのマクラーレン・コンポジットテクノロジー・センターへの投資額は5億ポンド(73億円)に上るという。

「この施設は、われわれのモデル開発に活用される複合材料分野でのイノベーションをリードします。そして、この地域での仕事やサプライチェーンを活性化させ、さらには英国のイノベーションへの評価を高めるのです」

さらにフレウィットは、カーボンを取り巻く環境の変化についても言及する。



ハイパーカーから量産車へ 広がるカーボン使用

フレウィットは続けて、「軽量化戦争」は長らくハイパフォーマンスカー・メーカーによるものだったが、ここにきて燃費向上の手段としても活用すべきだと述べた。

英国のカーボンファイバー生産に関する専門技術は、大半が英国を拠点とするF1チームによって確立されてきた。数十年にわたって、カーボンはレースカーのモノコックやサスペンション部品、ボディに用いられてきたが、実はカーボンをカーレースに持ち込んだのはマクラーレンのレーシングチームが最初で、1981年のことだった。

カーボンは大半のエキゾティックカーに使用され、近年では徐々に主力モデルへの採用例も増えている。例えば、BMW 7シリーズは「カーボン・コア」と呼ばれるボディ構造を持つ。

AMG プロジェクト・ワンは英国製か

しかし、カーボンファイバーの採用実績では、依然として英国のスーパーカーメーカーが目立っている。アストン マーティン・ヴァルキリーでは、車重制限やレギュレーションを守らなくてはならないF1よりも先進的なカーボンファイバーが使用される予定だ。

一方で、メルセデス-AMGが発売するハイパーカー、プロジェクト・ワンの製造も英国で行われることが有力視されている。これはAMGがF1カーの製造をノーサンプトンシャーで行っているためだ。

なお、AUTOCAR JAPANでご覧になっている方は、「すべての画像をみる」ボタンから、外部メディアの方は、記事下のリンク「『英国、なぜ軽量化に強い?』すべての画像をみる」から、ほかの画像をお楽しみいただける。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • tub*****|2018/06/28 19:50

    違反報告

    何千万もするクルマの軽量化云々言ってないで、普通のクルマの軽量化云々を議論しろよ。
    あと、軽量化は良いけど、安全性向上も必須だ。
  • gto*****|2018/06/28 15:29

    違反報告

    自動車に限らず…

    世界最小&最軽量」は→日本のお家芸」でしたのに
    (¬_¬)じー
    今や…見る影もない

    誇る事を
    挑戦する事を
    ヤメた?その日から
    (T_T)
    戻れない?のだろーか

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します