現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > ”新世代ベーシック”カローラ スポーツが登場!

ここから本文です
ニューモデル 2018.6.26

”新世代ベーシック”カローラ スポーツが登場!

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

同日発表の新型クラウンと並んで、これからのモビリティライフを提案する初代コネクティッドカーとして誕生。クルマ本来の楽しさも重視した走りとデザインにも注目したい。

トヨタは12代目となる新型カローラを6月26日に発表、同日から発売を開始した。1966年に誕生したカローラは現在150以上の国と地域で販売されているロングセラーカーだ。日本市場では5ナンバーサイズのセダンであるカローラ アクシオと、ワゴンのカローラ フィールダーが販売されてきたが、この2モデルはしばらく併売。12代目となる新世代カローラは、3ナンバーのサイズとなりハッチバックのカローラ スポーツがまずデビューする。

    “走る伝統工芸品”トヨタ・センチュリーが21年ぶりに世代交代!

プリウスでデビューを果たしたTNGAプラットフォームを採用することで、従来よりも低重心化かつワイドなシルエットを身に着けた。トレッドも拡大しタイヤを外側に出すなどの工夫で、踏ん張り感のあるフォルムも得ている。


低く抑えられたボンネットに切れ長のヘッドライトを組み合わせ、シャープなイメージを実現。

インテリアもTNGAプラットフォームの恩恵を受け、ダッシュボードの高さを抑えた開放的な空間を実現した。また、上位グレードにはバックレストの加飾が新鮮なスポーツシートを採用。乗員のホールド性を追求している。

パワートレーンは、プリウスやC-HRにも搭載されている1.8L+モーターのハイブリッドと、オーリスに搭載されていた1.2Lターボの2種類を設定。ターボエンジンはCVTだが、8月には6速MTの販売も予定されている。


サスペンションには、新開発のダンパーを採用。オイルや構成部品の組み合わせを約600パターンもテストし、上質な乗り心地と操舵応答性を高次元で両立させたという。


予防安全装備は、第二世代のToyota Safety Senseを全車に標準装備。歩行者(昼間/夜間)、自転車(昼間)も検知する自動ブレーキ、全車速追従のクルーズコントロールなどを備えている。


注目のコネクティッドサービスは、車載データ通信機DCMを全車に標準装備。T-Connectサービスを3年間無料で提供し、「ヘルプネット」「eケア」といった安全、安心をサポートする機能に加えて、スマホアプリからナビの目的地を登録できる「LINEマイカーアカウント」も備える点に注目が集まる。

ボディカラーは、新規色のオキサイドブロンズメタリックをはじめ、全8色を設定した。
価格は、FFのハイブリッド系が241万9200円~268万9200円。4WDも設定されるターボ系が213万8400円~261万3600円となっている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan MotorFan編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • kan*****|2018/06/27 13:26

    違反報告

    やはりカローラスポーツと名乗ってきましたね。
    セダン/ワゴンはキャリーオーバーってのも含め予想通りではあるけれど、ユーザーにとって選択肢が増えたことには大賛成。クラスのベンチマークとなるクルマを目指してほしい。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します