現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > BMW 8シリーズ 4ドアの「グランクーペ」パテント情報 コンバーチブルも

ここから本文です
ニューモデル 2018.6.26

BMW 8シリーズ 4ドアの「グランクーペ」パテント情報 コンバーチブルも

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新型BMW 特許画像6枚

BMWは、8シリーズの「グランクーペ」および「コンバーチブル」の開発を進めている。その意匠登録用のデータを入手することに成功した。

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

4ドア仕様のグランクーペは、2019年後半に生産開始される見込みだ。もともとは、ジュネーブ・モーターショーにM8グランクーペ・コンセプトとして登場したモデル。

そのパテント画像では、量産仕様がトーンを抑え、先ごろ発表された市販型2ドア・クーペに近いスタイリングをまとっていることが分かる。ただし、後席のヘッドルームを拡大していることが、ルーフラインの違いから判断できる。

グランクーペとコンバーチブルは、これまでにニュルブルクリンクでも撮影されている。2台の詳細情報は、既報の「BMW M8 新たなスクープ写真 クーペ/コンバーチブルの違い、明らかに」に詳しい。

なお、AUTOCAR JAPANでご覧になっている方は、「すべての画像をみる」ボタンから、外部メディアの方は、記事下のリンク「『BMW 8シリーズ 4ドアの「グランクーペ」パテント情報』すべての画像をみる」から、ほかの画像をお楽しみいただける。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します