現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 長期テスト 日産マイクラ(3) オプションのBOSEオーディオは

ここから本文です
ニューモデル 2018.6.19

長期テスト 日産マイクラ(3) オプションのBOSEオーディオは

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もくじ

ー 積算5742km 500ポンドのBOSEオーディオは
ー 歯切れ良くパワフルな音質
ー テスト車について
ー テストの記録

    長期テスト 日産マイクラ(2) 積載能力/後席スペース検証 ギアが鈍く

積算5742km 500ポンドのBOSEオーディオは

われわれのマイクラにはBOSEパーソナル・オーディオが取りつけられている。注文時から興味を持っていたのだが、最上位グレードのテクナには標準装備されているものの、2番目となるN-コネクタでは500ポンド(7万4000円)のオプションだ。

このBOSEシステムは、小型車専用に設計されている。運転席ヘッドレストに組み込まれたふたつを含めた計6つのスピーカーで構成される

3つの設定が用意され、インフォテインメントスクリーンのメニューで選択可能だ。ひとつめは、ひとりでドライブするとき向けのモードだ。これはフロントのスピーカーが中心となり、ドライバー向けに音を発する。2番目はより広範囲に、3番目では360度の音楽体験が得られる。

これらのモードによる違いは驚くべきものだ。ドライバーのみの設定では非常に一方向的な音響だが、ほかのふたつではとてもよくバランスされた多方向音響だ。このふたつはどの程度の迫力を望むかによって決めるべきだろう。

歯切れ良くパワフルな音質

どのモードを選ぶかに関わらず、マイクラに取りつけられたスピーカーは素晴らしい音を発している。多くの場合、小型車のオーディオは大音量時に安っぽい音がしてしまうが、このクルマでは無縁だ。どんな曲を流してみても、高音から低音まで歯切れの良いパワフルな音を発してくれる。

わたしの感覚では、このBOSEキットは迷う余地無く「買い」だと思う。ただし、インフォテインメントシステム自体がそれほど良くないのは残念だ。これについては次回詳報しよう。

テスト車について

モデル名:日産マイクラ 0.9 IG-T 90 N-CONNECTA
新車価格:1万1615ポンド(176万円)
テスト車の価格:1万9110ポンド(290万円)

テストの記録

燃費:14.2km/ℓ
故障:無し
出費:無し

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOCAR JAPAN ヘマル・ミストリー )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します