現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > メルセデス・ベンツ 「CLA」と「CLAシューティングブレーク」が新しい顔に

ここから本文です
ニューモデル 2016.8.30

メルセデス・ベンツ 「CLA」と「CLAシューティングブレーク」が新しい顔に

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メルセデス・ベンツ日本(以下MBJ)は2016年8月24日、CLAクラスをマイナーチェンジして同日より発売を開始した。

このCLAはAクラスやBクラスとプラットフォームを共有する4ドアクーペで、CLAシューティングブレークはそのワゴンバージョンとなる。今回は内外装の意匠変更が中心で、ダイヤモンドラジエターグリルを標準装備としたフェイスリフトが最大のトピックだ。フロントまわりでは、走行状況や天候に応じて配光モードを自動で切り替えるLEDパフォーマンスヘッドライトを新たに装備。リヤセクションではエグゾーストエンドと一体化した新設計のバンパーを採用し、LEDコンビネーションランプもデザインが刷新された。また、ボディカラーには新色のカバンサイトブルーが加わっている。

    メルセデス-AMG、CLA35 4MATICをワールドプレミア。欧州では8月に発売予定

インテリアに目を移すと、さまざな情報を映し出す8インチに大型化されたワイドディスプレイを全モデルに標準装備。インストゥルメントクラスターは文字盤や赤い指針に新しいデザインを採用することで、昼夜を問わずメーターが読みやすくなった。

安全運転支援システムに関しては、従来モデルの「レーダーセーフティパッケージ」を踏襲しているが、先行車が停止した場合に減速して停止する渋滞追従機能を備えた「ディストロニック・プラス」は、先日フルモデルチェンジされたEクラスに追従して、「ディスタンスパイロット・ディストロニック」という名称に変更となっている。

なお今回のマイナーチェンジから、アップルの「CarPlay」とグーグルの「Android Auto」に全モデルが対応。スマートフォンをCOMANDシステムにケーブルで接続するだけで、スマートフォンのインターフェイスをCLAのディスプレイ上に表示・操作することが可能になった。

これにより、予めスマートフォンで設定した目的地へのルート案内や、音楽再生、メッセージの送受信、ハンズフリー通話を使用できるようになった。またアップルおよびグーグルの音声認識機能も使用可能になっている。モデルバリエーションと価格は以下の通りで、CLAと同シューティングブレークともに4グレードずつを展開。搭載されるエンジンは、最高出力90kW(122ps)と最大トルク200Nmを発生する1.6L直列4気筒BlueDIRECTターボエンジンと、最高出力160kW(218ps)と最大トルク350Nmを発生する2.0L直列4気筒BlueDIRECTターボエンジン、さらに最高出力280kW(381ps)と最大トルク475Nmを発生するAMGチューンの2.0L直列4気筒直噴ターボエンジンの3種類を設定している。


この記事を画像付きで読む(外部サイト)

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(オートプルーブ )

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します