現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 名門モリワキ“苦渋の選択”。2019年限りで鈴鹿8耐及び全日本ロードJSB1000参戦休止を発表

ここから本文です
スポーツ 2019.11.21
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 モリワキエンジニアリングは11月19日、全日本ロードレース選手権JSB1000クラスと鈴鹿8時間耐久ロードレースの参戦を2019年をもって休止すると発表した。

 2016年、8年ぶりに全日本の最高峰JSB1000クラスに復帰して話題となったモリワキ。マシンはホンダCBR1000RRモリワキ改、ライダーは高橋裕紀を起用して戦った。翌年の2017年には高橋裕紀に加え、鈴鹿8耐で4度優勝し、スーパーバイク世界選手権に参戦した経験も持つ清成龍一が加入し、2台体制で参戦。同時に、モリワキとして9年ぶりに鈴鹿8耐へ参戦することも発表された。(AUTOSPORT web)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン