現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > F1ブラジルGP FP1:ウエット路面でレッドブル・ホンダのアルボンがトップタイム記録も終盤にクラッシュ

ここから本文です
スポーツ 2019.11.17
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 11月15日現地時間午前11時、ブラジルGPのフリー走行1回目が行なわれた。

 サンパウロは朝から豪雨に見舞われ、セッション開始前に一度上がったものの再び降りだし、路面は完全なウエットコンディション。気温17度、路面温度21度。フェラーリの2台がウエットタイヤを履いて確認走行を行ないアルファロメオ勢もこれに続いたが、他車はガレージで待機しコースインする様子を見せない。なお、シャルル・ルクレール(フェラーリ)はここで今季4基目となるICE(エンジン)を投入し、10グリッド降格が決まっている。(AUTOSPORT web)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン