現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ライコネン、またも入賞ならず7戦連続ノーポイント「11位は最下位と同じ」

ここから本文です
スポーツ 2019.11.7

ライコネン、またも入賞ならず7戦連続ノーポイント「11位は最下位と同じ」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2019年シーズン前半はコンスタントにポイントを稼ぎ中団勢をリードする存在だったキミ・ライコネン(アルファロメオ)。しかし、第12戦ハンガリーGPで7位に入ったのを最後に7戦連続ノーポイントとなっている。

 第19戦アメリカGPでは終盤まで入賞争いに絡む走りを見せたが、結果的に11位に終わりポイント獲得はならなかった。

    ■レッドブル代表、アルボンを称賛も来季のシートは「急いで決断しない」

 ライコネンはレースを振り返り、次のように語った。

「11位フィニッシュで得られるものは何もないから、最下位になるのと同じだ。それらには何の違いもないから、(最下位になった時のように)がっかりしているんだ」

「確かにポジティブな面もあったけど、結果には変わりがない」

「最初のラップはとても良かったが、それからそのポジションにとどまるスピードがなかった。なんとかケビン(マグヌッセン/ハース)をパスすることができたけど、全体的なスピードが少し足りていなかったので、他よりもタイヤの使い方を工夫しなければいけなかった」

「それからタイヤが少し早い段階でダメになったので、レース中に複数回タイヤ交換を行った。ただ全体的にスピードが足りなかったんだ」

「少なくとも今日はポイントを争うことができたが、それでも11位という結果には少しがっかりだね」

 ライコネンのチームメイトであるアントニオ・ジョビナッツィも、14位でポイント獲得はならなかった。彼曰くマシンはタイヤのグリップ不足に苦しみ、ドライブするのが難しかったという。

「僕たちはキミとは違った戦略と採った」とジョビナッツィは話した。

「僕としてはミディアムタイヤで走るのがとても難しかったし、ハードタイヤでも厳しかった。ソフトタイヤを履くと少しはマシになったんだけど、それでも正直かなり遅かった」

「レースペースの面で僕たちはまだ苦労している。今回もどうにかしようとしたけど、十分ではなかった。ブラジルではそれを改善できるように引き続き取り組むよ」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Alex Kalinauckas)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します