現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > Moto2マレーシア決勝:アレックス・マルケス、Moto2チャンピオンに輝く。ビンダー4勝目

ここから本文です
スポーツ 2019.11.3

Moto2マレーシア決勝:アレックス・マルケス、Moto2チャンピオンに輝く。ビンダー4勝目

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 MotoGP第18戦マレーシアGPのMoto2クラス決勝が行われ、ブラッド・ビンダー(Red Bull KTM Ajo)が今季4勝目を挙げた。またアレックス・マルケス(EG 0,0 Marc VDS)が今季のタイトル獲得を決めた。

 Moto2クラスは気温33℃、路面温度50℃と非常に暑いコンディションで18周の決勝レース開始を迎えた。

    ■マルク・マルケス、弟の“神スケーティング”に感服「50回見ても飽きない!」

 フロントロウにはマルケス、長島哲太(ONEXOX TKKR SAG Team)、・ビンダーの3人が並んだ。

 蹴り出しはビンダーが良く、そのままホールショットを奪った。これにマルケス、長島とフロントロウの2人が続き、ジャビ・ビエルヘ(EG 0,0 Marc VDS)、トーマス・ルティ(Dynavolt Intact GP)も食らいついた。

 ビンダーは1周目からペース良く走り、後続に対して0.6秒程のギャップを稼ぎ、早くも先頭集団を分断しにかかっていた。

 ビンダー、マルケス、長島のトップ3はコンマ5秒程の等間隔で走行。それについていけるライダーは多くなく、4周を消化する頃にはトップ3とそれを追うビエルへとルティの計5名が、集団から抜け出す展開が鮮明になった。

 そのビエルへとルティだが、各所でポジションを入れ替えるバトルを繰り広げており、長島との差が開きつつあった。

 先頭ではビンダーが4周目のターン14でラインを外してしまい3番手にまで後退。マルケスが先頭に立った。ビンダーは5周目ターン1で即座に長島を処理して2番手に位置を戻したが、マルケスとのギャップは1秒近くまで広がってしまった。

 ただビンダーのペースはマルケスよりも良く、1周の内に差を0.5秒にまで圧縮。そして7周目のホームストレートで更に差を詰めて真後ろにつけた。

 マルケスはペースが上がらず、最終コーナーから激しくチャージをかけられてしまう。そして8周目のターン1でインに入ったビンダーに追い抜きを許してしまった。また長島のペースも上がらなくなり、徐々に後退。ルティに抜かれ、表彰台圏内から外れてしまった。

 レースは快走するビンダーがトップのまま残り10周に。2番手マルケスとの差は0.8秒と大きくなっていた。

 ビンダー、マルケス、ルティのトップ3は0.7秒程の等間隔で進んで周回を消化。一時はビンダーが後方を覗き見るシーンも見られた。

 3人は安定したタイムで走行を続け、ビンダーとマルケスとの差が1秒に拡大し、レースは残り5周となった。

 チャンピオン獲得の可能性を残すためにもマルケスを追い抜きたいルティだが、なかなか差を縮めることができないまま、残り3周に突入した。

 残り2周、トップ3の差は0.1秒ほど縮まったが、それでも等間隔の状況は変わらないままだ。

 そして運命のラストラップに突入。マルケスはリヤを滑らせながらも、徐々にルティを引き離していき、その差を1秒以上とした。

 先頭のビンダーはマルケスの追撃を許すことなくトップでチェッカーを受け、今季4勝目を挙げた。

 戴冠のかかったマルケスは、見事2位に入り、最終戦バレンシアを待つこと無く今季のタイトル獲得を決めた。今季のMotoGPクラスチャンピオンかつ兄であるマルク・マルケス(レプソル・ホンダ)も自身のレースが迫る中、祝福に駆けつけた。マルケス兄弟は2014年以来となる兄弟でのタイトル獲得でもある。

 3位はルティ。最後までマルケスを追ったが、戴冠は阻めなかった。

 また長島は中盤まで表彰台圏内を走行していたが、ルティに抜かれた後はビエルへやホルヘ・ナヴァッロ(Beta Tools Speed Up)らの追撃も受け、最終的に8位でのフィニッシュとなった。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Motorsport Network.)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します