現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 女性限定フォーミュラ『Wシリーズ』、2020年シーズンはロシアとスウェーデンがカレンダー入り

ここから本文です
スポーツ 2019.11.1

女性限定フォーミュラ『Wシリーズ』、2020年シーズンはロシアとスウェーデンがカレンダー入り

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 10月31日、参戦ドライバーを女性に限定した新しいフォーミュラカーシリーズ『Wシリーズ』の2020年レーススケジュールが発表された。初年度に引き続き、日本人では小山美姫が参戦する同シリーズは来季も全6ラウンドで争われるが、新たにロシアとスウェーデンが開催地に選ばれている。

 2019年に発足したWシリーズは、女性ドライバーの育成と支援を目的に立ち上げられた新シリーズ。元F1ドライバーのデイビッド・クルサードや“空力の鬼才”とも評されるエイドリアン・ニューウェイといったF1関係者もサポートしている。

    女性フォーミュラ『Wシリーズ』、2020年参戦18名発表。小山美姫は継続参戦、猪爪杏奈は含まれず

 シリーズに参戦するのはいずれも女性ドライバーで、2019年は事前の選考を勝ち抜いた18名のレギュラードライバーと、2名のリザーブドライバーが出場。開催初年度と今季はDTMドイツ・ツーリングカー選手権のサポートレースとして全6大会が行われ、イギリス人ドライバーのジェイミー・チャドウィックが初代チャンピオンに輝いている。

 2年目を迎える2020年シーズンについては、レギュラードライバーが20名に。チャドウィックを含むランキング上位12位までに入った選手には自動的に参戦権が与えられており、ランキング7位となった小山も継続参戦が決定した。一方、残る8枠は9月に選考が行われ、10月21日に18名の参戦ドライバーリストが発表されている。

 今回のアナウンスでは、そんな2020年シーズンのレーススケジュールが明らかにされ、今季と同じく全6大会で争われることが分かった。しかし、その開催地は前年から大きく変更され、開幕ラウンドはホッケンハイム(ドイツ)からサンクトペテルブルク(ロシア)に。第2大会もゾルダー(ベルギー)からアンデルストープ(スウェーデン)に替わり、続く第3大会もミサノ(イタリア)からモンツァ(イタリア)へと置き換えられている。

 シーズン後半戦のノリスリンク(ドイツ)、ブランズハッチ(イギリス)、TTアッセン(オランダ)は2019年度から継続となるが、第5大会と最終第6大会については順番が入れ替えられた。これらのカレンダー変更は、いずれもDTMのレーススケジュール変更に伴ったものだ。

 開幕の地となるサンクトペテルブルクは、イゴラ・ドライブと呼ばれる全長2.539マイル(約4.086km)の新しいサーキットが戦いの舞台となる。同サーキットは多くのF1開催コースを手掛けるヘルマン・ティルケが設計した“ティルケ・サーキット”のひとつだ。

 一方、イゴラ・ドライブ、モンツァと同様にシリーズ初開催となるスウェーデンのアンデルストープ・レースウェイは昨年、開場50周年を迎えた歴史的なサーキット。1973年から1978年までF1スウェーデンGPが開催されたほか、WGPロードレース世界選手権、スーパーバイク選手権、FIA GT選手権など、さまざまなシリーズが行われてきた。

 5月29日にサンクトペテルブルクで開幕するWシリーズの2020年シーズンは、6月に2戦、7月と8月に各1戦が行われ、9月5日に行われる第6大会TTアッセンで閉幕となる予定だ。

■Wシリーズ 2020年レーススケジュール
RoundDateEvent15月29~30日サンクトペテルブルク(ロシア)26月12~13日アンデルストープ(スウェーデン)36月26~27日モンツァ(イタリア)47月10~11日ノリスリンク(ドイツ)58月22~23日ブランドハッチ(イギリス)69月4~5日TTアッセン(オランダ)

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します