現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ボッタス、メルセデスの”予想以上”の出遅れに困惑? ハミルトン「タイヤの理解が鍵になる」|F1メキシコGP

ここから本文です
スポーツ 2019.10.26

ボッタス、メルセデスの”予想以上”の出遅れに困惑? ハミルトン「タイヤの理解が鍵になる」|F1メキシコGP

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 F1第18戦メキシコGP初日、トップから0.614秒遅れの4番手に終わったバルテリ・ボッタス(メルセデス)は、フェラーリやレッドブルといったライバルたちから、予想以上に離されてしまったと語った。

 標高約2300メートルに位置するエルマノス・ロドリゲス・サーキットで開催されるメキシコGPでは、レッドブルのマックス・フェルスタッペンが2017年から2連勝を飾っている。また長いストレートがあることから、パワー面でアドバンテージを持つフェラーリが競争力を発揮するのではないかと考えられていた。

    【動画】2019年F1第18戦メキシコGPフリー走行2回目ハイライト

 一方のメルセデスは、今季残りの4レースの中で最も難しいレースになると予想し、週末に臨んだ。

 走行初日を終え、フェラーリのセバスチャン・ベッテルから0.614秒、レッドブルのマックス・フェルスタッペンから0.499秒遅れたボッタスに、このギャップは想定通りだったのかと尋ねると、彼は次のように答えた。

「週末のこの時点では、予想よりも差が大きかった。でも、ペースを上げられることを願っている」

「今日はとても滑りやすかった。特に最初のセッションは非常にトリッキーで、クルマのバランスがオーバーステアだった」

「FP2ではかなり良くなって、実際にそれほど悪い感触ではなかったけど、それでも僕たちは少しグリップ不足だったんだと思う」

「これまでのところ、このコースではフェラーリとレッドブルの両方がうまく機能しているように思える。でもまだ金曜日が終わっただけだし、土曜日には多くのことを少しずつ改善できるはずだ。そのためには今夜、懸命に作業をする必要がある」

 ボッタスのチームメイトであるハミルトンは、FP1ではトップタイムをマークしたものの、FP2ではベッテルから0.963秒離され5番手となった。

 ハミルトンは自己ベストを記録したラップについて、”スペクタクル”な1周ではなかったと認め、素晴らしい1日にはならなかったと振り返った。

「特に大きなドラマはなくて、タイヤを理解しようとしていたんだ」

「午前中は涼しくて、FP2は少し暖かくなった。ショートランからロングランまで、タイヤを機能させる方法を正確に理解するのは難しい。でも、それがゲームの重要なところだ」

「僕たちはレッドブルから大きく離されているわけではない。でも、フェラーリはストレートでさらに速くなるはずだ。ストレートでは、彼らと僕たちの差は大きい。他のドライバーも同様だと思うけどね」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Valentin Khorounzhiy)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します