現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【WRC】シトロエン、ラリー・スペインで空力アップデートせず。トヨタのタナクが戴冠を決めるか?

ここから本文です
スポーツ 2019.10.24

【WRC】シトロエン、ラリー・スペインで空力アップデートせず。トヨタのタナクが戴冠を決めるか?

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今季のWRC(世界ラリー選手権)も残り2戦。ラリー・スペインとラリー・オーストラリアを残すのみとなっている。そんな中、シトロエンはC3 WRCの空力をアップデートすべくテストを行っていたものの、ホモロゲーション(公認)の関係でこの空力パーツをラリー・スペインで使うことはないようだ。

 シトロエンは、10月上旬にスペインでテストを実施した。その際、装着されていたエアロパーツは従来のものと比べて大きく変わっており、シトロエンは現行マシンが2017年に導入されて以来、最も劇的な変更を試みていると考えられていた。

    ■ラリーGB:トヨタのタナク、フルポイントで6勝目。タイトル獲得へ大きな一歩

 しかしチームの広報担当は、週末のラリー・スペインでセバスチャン・オジェとエサペッカ・ラッピのC3 WRCにアップグレードは行われないと述べた。

 シトロエンは、前戦ラリーGBで新しいサスペンションを導入しようとしていたものの、ホモロゲーション取得の機会がなく、新しいサスペンションを導入できなかった。

 それと同じ理由で、テストでチームが使用した空力アップデートパーツも、使用することができないようだ。

 ポイントリーダーであるオット・タナクに、シトロエンのアップグレードパーツについてどう思うか訊くと、彼は「かなり攻撃的に思えるけど、僕たちのクルマ(トヨタのヤリスWRC)のコピーアンドペーストに見える場所もある……」と答えた。

 FIAにC3の新しいパーツについて尋ねると、彼らは次のように語った。

「FIAはラリーおよび技術部門を介して、ここ数カ月に渡ってシトロエン・レーシングと緊密に協力してきた。彼らの進歩の妥当性を検証し、それをクルマに搭載するのを支援していた」

「しかしこれまでのところ、シトロエン・レーシングはFIAに、新しいパーツの承認を求めるリクエストを提出していない」

 現在タナクは、ランキング2番手のオジェを28ポイントリードしている。ランキング3番手のティエリー・ヌービル(ヒュンダイ)とは41ポイント差だ。

 1イベントで獲得できるポイントは最大30であり、シーズンはラリー・スペインを含め残り2イベント。タナクがオジェやヌービルとの差を30ポイント以上に広げ、スペインでチャンピオンを決める可能性は十分ある。

 タナクは「確かにプレッシャーがかかっている。それは間違いない」と語った。

「僕たちはそれ(タイトル獲得)を達成する必要があり、それには高いパフォーマンスが必要だ」

「良い事前テストができたし、クルマの感触もとても良い」

「自分自身に集中することになると思うけど、同時にオジェやティエリーは全力を出さなくてはいけない。それは間違いない」

「でも僕は、全てを危険にさらす必要はない。感触が良くなくても、無理をする必要はないんだ」

「クルマの感触が良ければ、戦えるのは間違いない。どうなるか見てみよう」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 David Evans)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します