現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > フォーミュラEテスト最終日:模擬レース第2戦は日産ブエミが優勝。新人ギュンターが最速

ここから本文です
スポーツ 2019.10.19

フォーミュラEテスト最終日:模擬レース第2戦は日産ブエミが優勝。新人ギュンターが最速

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 フォーミュラEのシーズン6(2019-2020年)のプレシーズンテストが、バレンシアで行われた。テスト最終日は、BMWのマキシミリアン・ギュンターがトップタイムをマークした。

 午前中のセッションは、残り時間15分のところでパスカル・ウェーレイン(マヒンドラ)が1分15秒190をマークしトップに浮上。このタイムは、テスト2日目にロビン・フラインスが記録した最速タイムを上回るものだった。

    ■フォーミュラE、テスト最終日に2度目の模擬レースを実施へ

 その後、アレクサンダー・シムズ(BMW)がメインストレートに設置されたタイトなシケイン出口でクラッシュ。午前中唯一の赤旗が掲示され、セッションは数分早く終了した。

 2番手にはウェーレインと0.008秒差でニコ・ミューラー(ドラゴン)がつけた。セッションの大半をリードしたDSテチータのアントニオ・フェリックス・ダ・コスタが3番手となった。

 午後のセッションは、まずレースをシミュレーションする模擬レースからスタート。通常通り、45分プラス1周で争われたレースを制したのが、セバスチャン・ブエミ(日産・e.ダムス)だった。

 レース序盤はダ・コスタがリードした。しかしテストのため、フルコースイエローが2度出されたことでバトルが続発。終盤はアンドレ・ロッテラー(ポルシェ)、ダニエル・アプト(アウディ)、エドアルド・モルタラ(ベンチュリ)がトップ3を形成していたが、彼らを次々と交わしたブエミがラスト2周でトップに立った。

 ブエミはロッテラーに1.698秒差をつけてフィニッシュ。モルタラが3位となった。

 その後、3時間の走行セッションが実施された。レースシミュレーションを終えた後ということもあって、開始直後は走行もまばらだった。

 徐々に走行も増え、セッション中盤にギュンターが1分15秒087を叩き出した。結果的に、このタイムは3日間の走行で最速のタイムだった。

 走行最後の1時間は、多くの赤旗が掲示された。残り45分のところでブレンドン・ハートレー(ドラゴン)がコースオフしセッション中断。さらにはストフェル・バンドーン(メルセデス)がシケイン出口でクラッシュしたことで、2度目の赤旗が掲示された。

 このため、セッションが15分延長されることとなったが、ミューラーがシケインでクラッシュ。さらにはギュンターがセッション残り5分のところでマシンストップした。

 これによりセッション中断となり、そのままテスト終了。総合トップはギュンターとなった。2番手はウェーレイン、3番手はミューラーだった。

 日産・e.ダムスはブエミが6番手。オリバー・ローランドが9番手となった。

 シーズン6からワークス参戦するメルセデスはバンドーンが20番手、ニック・デ・フリーズが21番手。ポルシェもロッテラーが19番手、ニール・ジャニが22番手と下位に沈んだものの、トップからジャニまでが1秒以内にひしめいている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Jake Boxall-Legge)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します