現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【F1日本GP】「いつか自分もF1の舞台に……」福住仁嶺、“山本尚貴センパイ”のFP1出走に刺激受ける

ここから本文です
スポーツ 2019.10.14
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 山本尚貴がF1デビューを果たした日本GPのフリー走行1回目。その様子をトロロッソ・ホンダのピット内で観ていた福住仁嶺は、自身もいつかF1の舞台に立ちたいと決意を新たにしていた。

 昨年までヨーロッパを舞台に戦い、FIA F2にも参戦した経験を持つ福住。今年は日本でのレースに集中するという形でスーパーフォーミュラ、スーパーGTに参戦しているが、彼も将来F1を目指しているドライバーのひとりだ。

    ■F1人気“復活”間近? 台風はねのけ決勝動員10%増の8万9000人

 そんな福住は、媒体の取材の企画で今回のF1日本GPに訪れていたが、フリー走行1回目はトロロッソ・ホンダのピットガレージでセッションを見学。(motorsport.com 日本版)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン