現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ハースF1がヒュルケンベルグでなくグロージャンを選んだ理由「車に苦しんでいる今、ドライバー変更はリスクになるとの判断」

ここから本文です
スポーツ 2019.9.20
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ハースF1チームの代表ギュンター・シュタイナーは、2020年のレギュラードライバーとして、ニコ・ヒュルケンベルグを選ばずロマン・グロージャンを残留させると決めた理由として、2019年マシンVF-19の問題を解決して2020年に改善を図るためには、ドライバーラインアップを変更しない方がいいと考えたと語った。

 ケビン・マグヌッセンは来季契約を有していたが、グロージャンはハースから放出される可能性が高いと考えられていた。(AUTOSPORT web)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン