現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【インディカー】これまでのキャリアで乗りこなすのが最も難しい”獣”……新人最速ローゼンクヴィスト、初挑戦インディカーへの感想

ここから本文です
スポーツ 2019.9.18
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今季チップ・ガナッシからインディカーにデビューしたフェリックス・ローゼンクヴィスト。彼はまだ28歳ながら、これまでのキャリアで実に様々なカテゴリーのマシンを乗りこなしてきた。

 フォーミュラ・ルノーをはじめ、F3、インディ・ライツ、GT3マシン、DTM、IMSAプロトタイプ、フォーミュラE、スーパーフォーミュラのSF14、スーパーGT、ポルシェ・カレラカップ、LMP2……フォーミュラカーからプロトタイプまで、実に多種多様である。(motorsport.com 日本版)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン