現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > マクラーレンF1、2020年型マシンへの開発切り替え時期を検討中。「ランキング4位を守りたいが来年も重要」とザイドル

ここから本文です
スポーツ 2019.9.16
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マクラーレンF1のマネージングディレクターであるアンドレアス・ザイドルは、チームはコンストラクターズ選手権で4位の座を可能な限り長く防衛していくつもりだというが、そのことが2020年型マシンと、その計画の不利益にならないよう努めていくという。

 マクラーレンはたった1ポイントを獲得したのみで、ベルギーGPとイタリアGPから去ることになった。その1ポイントはランド・ノリスのイタリアGP10位入賞によってもたらされたものだ。

    マクラーレンF1、好調のはずが2戦でわずか1ポイント「タイヤ交換のミスを分析し、体制を立て直すことが重要」

 この不振によりマクラーレンは、ランキング上でルノーが18ポイント差まで近づくことを許してしまった。(AUTOSPORT web)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン