現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > MotoGPイギリス決勝:スズキのリンスが“劇的”逆転勝利、今季2勝目を挙げる 

ここから本文です
スポーツ 2019.8.25

MotoGPイギリス決勝:スズキのリンスが“劇的”逆転勝利、今季2勝目を挙げる 

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シルバーストン・サーキットでMotoGP第12戦イギリスGPの決勝レースが行われ、スズキのアレックス・リンスが今季2勝目を挙げた。

 現地は好天に恵まれ、気温31℃、路面温度44℃というコンディションでMotoGPイギリスGP決勝レースのスタート時刻を迎えた。

    ■イギリスGPでクラッシュのドヴィツィオーゾ、一時的な記憶喪失で検査のため病院へ

 だがスタート直後からレースは波乱の展開に。ターン1でファビオ・クアルタラロ(ペトロナス・ヤマハ)が転倒し、そこに乗り上げる形でアンドレア・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティ)も巻き込まれて転倒を喫してしまったのだ。

 クアルタラロはなんとか起き上がり、コース外へと退避した。一方でドヴィツィオーゾは起き上がることができず、担架で搬出された。その後、ドヴィツィオーゾはメディカルセンターへと向かった。

 ホールショットを奪ったのはマルク・マルケス(レプソル・ホンダ)。オープニングラップはマルケス、バレンティーノ・ロッシ(ヤマハ)、リンスの3人が若干抜け出す形となり、4番手以下にマーベリック・ビニャーレス(ヤマハ)、フランコ・モルビデリ(ペトロナス・ヤマハ)、カル・クラッチロー(LCRホンダ)が続いた。

 2周目にはリンスが2番手に浮上し、先頭のマルケスを追う展開となった。マルケスは序盤から2分0秒台の好ペースで飛ばしており、リンスもそれと同じペースで追走。2周を終える頃には3番手のロッシに対し1秒ほどのギャップがついた。

 先頭のマルケスとリンスのランデブー状態での走行は後続よりもコンマ数秒ペースが速く、後続に対する差を徐々に広げていった。

 一方で3番手のロッシは徐々にビニャーレスにギャップを詰められ、一時は1秒ほどあった差も0.3秒ほどになってしまう。そして7周目、ビニャーレスはロッシを捉え、ターン7でオーバーテイク。3番手が入れ替わった。

 マルケスを追うリンスはファステストラップを刻む走りをみせたものの、なかなか仕掛けるタイミングが訪れない。

 その後方では8番手を走行していた中上貴晶(LCRホンダ)がターン16で転倒を喫してしまった。中上はマシンを再始動し、コースへ復帰した。

 8周目のターン1でついにリンスが仕掛けた。最終コーナーから良い立ち上がりを見せており、その勢いのままアウト側からかぶせてトップに浮上してみせた。しかしマルケスはリンスがミスを犯した瞬間を見逃さすに、即座に先頭を奪い返した。

 9周目にはターン14でKTM同士のクラッシュが発生。インに入ったヨハン・ザルコ(KTM)が、ミゲル・オリベイラ(テック3・KTM)に当たってしまい、そのままふたりともリタイアとなった。

 レースの残り10周を切ると、マルケスが1分59秒台に入れてファステストラップを更新。ただリンスもほぼ同じペースで走っており、差はなかなか広がらない。なお1分59秒台をマークしていたのはこのふたりのみだった。

 3番手のビニャーレスは安定したペースで走行を続けているが、先頭2台とのギャップはなかなか埋まらず、依然として1.5秒近い差をつけられてしまっていた。

 先頭2台は膠着状態のまま残り周回数が5周を切った。

 残り4周、リンスは一瞬後ろを振り返る姿を見せると、その直後にターン9でマシンの挙動を崩してしまう。だがリンスはマシンのコントロールを即座に取り戻し、マルケスとの差は広がらずに済み、引き続きリンスがマルケスを攻め立てていった。

 残り3周、ターン10で一気にリンスがマルケスに接近。アウト側に一瞬並んだが、抜けるラインは無く、そのまま2番手に留まった。

 残り2周、ターン15でリンスがイン側からマルケスを抜いて先頭に浮上。しかし次のターン16でマルケスがやり返し、振り出しに戻った。最終コーナーの立ち上がりでも両者が並んだが、マルケスのアウトサイドからしかけたリンスにはスペースが無く、コース外へと追いやられてしまった。

 最終ラップはターン14、15とリンスがプレッシャーをかけるが、抜くには至らず、勝負は最終コーナーへ持ち越された。

 リンスは、アウト側から攻めるように見せかけつつ最終コーナーへ。しかしこの最終コーナーを小さく回ってイン側に入り、マルケスとの加速勝負に持ち込み……タイヤひとつ分ほどの僅かな差でトップチェッカーを受けた。

 これでリンスは今季2勝目。マルケスが転倒を喫していたアメリカズGPとは異なり、王者を真っ向勝負で下して勝利をもぎ取った。

 2位はマルケス。レースの大半を先頭で走ったが、最後の最後でリンスに遅れをとってしまった。3位はビニャーレス。終盤にかけ、バトルを繰り広げる先頭の2台に追いつくペースの良さをみせたが、僅かに届かなかった。

 また、ポイントランキング2位のドヴィツィオーゾが転倒ノーポイントに終わったことで、首位マルケスとのポイント差が「78」まで拡大した。

 序盤に転倒を喫してしまった中上は、コースに復帰してレースを完走。17位でフィニッシュとなった。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 永安陽介)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します