現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ジャック・ビルヌーブがカレラカップ・スカンジナビア参戦。王子とポルシェで対決

ここから本文です
スポーツ 2019.8.22

ジャック・ビルヌーブがカレラカップ・スカンジナビア参戦。王子とポルシェで対決

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 元F1王者のジャック・ビルヌーブが、2019年の開幕戦に続いてポルシェカレラカップ・スカンジナビアにゲスト参戦した。8月17~18日の週末にスウェーデン、カールスクーガで開催された第5戦のイベントに出場し、同国の“本格派ドライバー”であるカール・フィリップ王子と対戦。レース2では8位フィニッシュを果たしている。

 これまでSTCCスカンジナビアン・ツーリングカー選手権やスウェディッシュGTなどと併催されてきたポルシェカレラカップ・スカンジナビアには、日本でもおなじみのフェリックス・ローゼンクヴィストやビヨン・ビルドハイム、ラリー界からはアンドレアス・ミケルセンや、マッズ・オストベルグ、ポンタス・ティディマンドらも、VIPドライバーとしてゲスト参戦を果たしてきた。

    「メルセデスF1にとってオコン起用はリスクが高い」。ビルヌーブ、ボッタス残留が妥当と主張

 1997年にウイリアムズ・ルノーをドライブしてF1チャンピオンを獲得しているビルヌーブは、2019年シーズン初めにクヌットストープで開催されたシーズンオープナーにも招待され、初めてのポルシェカレラカップ・スカンジナビアを経験している。

 その反響を受け、ビルヌーブは再びシリーズからのVIPゲスト待遇でポルシェ911 GT3 Cupのコクピットにカムバックするよう要請を受けた。そのビルヌーブと同じく、シリーズにゲストとして招かれた同国王室のカール・フィリップ王子は、王室唯一の皇太子として王位継承権第4位のロイヤルファミリーでありながら、レーシングドライバーとしての本格的なキャリアを重ねてきた。

 同シリーズにもフル参戦の経験があり、その他にはTTA時代のSTCCにボルボ・ポールスター・シアン・レーシングからエントリー。ロバート・ダールグレンやテッド・ビョークのチームメイトも務めている。

 近年はそのTTA規定時代のボルボS60を使用してスウェディッシュGTなどにも参戦。2018年からは同シリーズにロータス・エヴォーラを投入するなど、精力的なモータースポーツ活動を続けてきた。

 ともにゲスト参戦となったふたりは、シリーズが用意するVIPカーの伝統的カーナンバー“911”をカール・フィリップ王子が使用。開幕戦ではその911号車をドライブしたビルヌーブは今回、F1タイトル獲得に敬意を表したMテック・コンペティションの97号車でレースに挑んだ。

 17日土曜のオフィシャルテストで22台中9番手のタイムを記録したビルヌーブは、そのままの勢いで予選Q1へ。Q2進出を賭けトップ8入りを目指したものの、ポールシッターから0.982秒差の11番手に終わり、ここでグリッド確定となった。

 すると日曜レース1では序盤の攻防を制してポジションを上げ、トップ10圏内に進出してレースを進めていくも、他車とのコンタクトからスピンを喫し、車列の後方へとドロップ。

 巻き返しを図って予選グリッドと同じ11番手まで挽回したところで「レースが終了したと思ったんだ」と、ファイナルラップにピットへと戻りそのままガレージイン。“らしい”ハプニングで1周遅れの16位という最終結果に。

 一方のカール・フィリップ王子は、スタートのアクシデントに巻き込まれドアが破損するほどのダメージを受けストップ。なんとか修復を終えレース2に挑んだが、周回遅れの消化不良のまま週末を終えている。

 しかし、レース2に向け97号車911 GT3 Cupの特性を掴んだビルヌーブは、中団でのバトルを満喫して7番手とコンマ差の勝負を繰り広げて8位フィニッシュ。無事にトップ10圏内で完走を果たしている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します